1. Home
  2. EAT
  3. 甘い香りに包まれる。クリスマス スパイスの作り方・調合レシピ

甘い香りに包まれる。クリスマス スパイスの作り方・調合レシピ

甘い香りに包まれる。クリスマス スパイスの作り方・調合レシピ

この時期になると、各店頭で売り出されるケーキやクッキーには独特の甘い香りがします。その香りは「クリスマス スパイス」。小分けされたものがデパートでも販売されているのですが、自分だけのオリジナルを作って、よりこだわりを楽しむのはいかがでしょうか。

クリスマス スパイスの由来は?

その昔、料理に塩と少しのハーブだけが使われていた中世期。船に乗って、さまざまなスパイスがアジアを渡り、ヨーロッパにやってきたといいます。中国・インド・ペルシャ・エジプトと非常に長いルートを渡ってきたその当時はスパイスが非常に貴重で高価であったため、スパイスは特別なお祝いでしか使うことができませんでした。

現在では甘いものだけでなく、肉料理やソースなどに使われることの多いクリスマス・スパイス。ドイツではよくみられるレープクーヘンなどに使われるために「レープクーヘン スパイス」とも呼ばれます。その種類にはアレンジされたものも含め星の数ほど存在しますが、基本形はいつも同じ。シナモン・アニス・カルダモン・オールスパイス・ナツメグ・クローブの6つを合わせたものをクリスマス スパイスと呼びます。

クリスマス スパイスの作り方

作り方は、上記の6つのスパイスを混ぜるだけ。パウダー状で売っているものはそのまま同量ずつ混ぜますが、オールスパイスとナツメグは少なめに使用、個人的にはシナモンの1/3以下で十分だと思います。カルダモンは緑色をしているので、使う直前にカラを割ってつぶし、中の黒い実をだしてクローブと一緒にフライパンで香りが立つまで油をひかずにゆすりながら温めます。すべてのスパイスを合わせすり鉢か電動ミルで細かくすったらできあがりです。

クリスマス スパイスのアレンジ・使い方は?

自分の好みでそれぞれの量を変えたり、またこれらにバニラやショウガ、コリアンダーシード(使用する場合はこれもフライパンでゆすりながらあたため、すり鉢でする)、オレンジやレモンの皮を好みで加えたりと独特のアレンジを加えても良いでしょう。

通常のココアやパンケーキに加えてもクリスマス気分が味わえますし、アップルパイのフィリングに混ぜたりしても季節感が出るので、バニラアイスといただくと子どもも喜びますよ。マフィンやスコーン、クッキーに入れたりすればプレゼントとしても喜ばれます。小麦粉500gに対し、大さじ2、3杯ほど加えるとよいでしょう。

とくにお腹に重い料理が多く出されるこの季節はこれらのスパイスを隠し味として料理に加えることにより消化を助けてくれる役割を果たしますし、血糖値を上げるのを防ぎ、体の芯から温めてくれます。いつものカレーに少し入れるだけで、本場の味に近くなるだけでなく、お通じも良くなりますよ。

多めに作っておくと重宝するスパイスですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    6. 自分に合う仕事を探していませんか? | 禅僧のおことば 18

    7. ロマンスを進める準備はできてますか? カップルに試してほしいこと<前編>

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

    10. ほっこり体の芯から温まる。うま味引き立つ、具だくさん豚汁

    1. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    甘い香りに包まれる。クリスマス スパイスの作り方・調合レシピ

    FBからも最新情報をお届けします。