1. Home
  2. EAT
  3. 鍋をはなやかにしてくれる「お花畑鍋」。きれいにつくるポイントは?

鍋をはなやかにしてくれる「お花畑鍋」。きれいにつくるポイントは?

1,339

横山かおり

鍋をはなやかにしてくれる「お花畑鍋」。きれいにつくるポイントは?

寒い季節に食べたくなるお鍋。簡単に準備ができ、みんなで囲んで食べると楽しく、来客時にもぴったりのメニューです。そんなお鍋料理をもっとはなやかに見せてくれるのが「お花畑鍋」。お鍋の中はお肉や野菜でとても彩り豊かです。

今回はきれいでおいしそうなお花畑鍋を作っていた、インスタグラマー3名に作りかたのポイントを聞いてみました。

コツはねじりながら巻くこと

お肉やニンジンがとても立体的でインパクトバッチリのお花畑鍋。食べてしまうのがもったいないくらいきれいです。こちらを投稿されたNaoko Yamamotoさんにきれいに作るポイントを聞いてみました。

「ニンジンと大根はピーラーで薄くスライスしています。巻きかたはクルクル巻くだけだとお花っぽくならないので、少しねじりながら巻いていくのがポイントです。1個のお花にはお肉の場合2枚、ニンジンと大根は3枚使っています。」

こんなに立体的な美しさを出すためにはねじりながら巻いていく、ということ。お肉も1枚だけで巻くのではなく、2枚づかい。大ぶりのお花のほうが、見た目もよりはなやかに見えるのかもしれません。

野菜とお肉を一緒に巻いておいしさアップ

とてもカラフルなお花畑鍋。お肉の中に野菜が一緒に巻かれていて、見た目だけでなく食べたときの食感も楽しめるそうです。

こちらを投稿されたnozomi*さんに作りかたを聞いてみました。

1.トマト缶、コンソメ、塩こしょうを鍋に入れる。2.鍋の高さにカットした水菜で鍋のまわりを囲む。3.スライサーで薄くした大根、ニンジン、ズッキーニ、豚バラをくるくる巻いて鍋に並べる。4.ミニトマト、ベビーコーンで彩りをプラスする。

最後にチーズを入れて煮込んで食べるのもおすすめです。お皿に盛りつけてもきれいで、野菜とお肉を一緒に食べやすいのもポイントです。」

お鍋の味はお好みで調整できるので、そのときの気分でお好きな味で。お鍋でお肉と野菜を一緒に食べることってあまりないので、新鮮な気分になれそうです。

野菜たっぷりで洗練された美しさを

AYAさん(@szk_mrk)がシェアした投稿 -

大根多めで洗練された美しさの印象を与えてくれるお花畑鍋。野菜やお肉の量を調整することで印象がかなり変わります。こちらを投稿されたAYAさんに作りかたのポイントを聞いてみました。

野菜を巻くときは2、3枚重ねて1度に巻いたほうが時短の短縮にもなります。多少見映えが悪くても、最後のえのきと水菜のかすみ草で調整することができます。すべて巻くのに気合いが必要ですが、作りかたは簡単ですよ。」

たしかにお肉も野菜も全部巻くのは時間と手間がかかります。何枚か重ねて巻くことで、時間短縮にもつながり、見た目もはなやかに仕上がるようです。えのきや水菜をところどころに差し込むことで、ブーケのように美しくなります。

「どうせ煮込んだら同じ」という人もいるかもしれませんが、思わず写真に撮りたくなってしまうようなお花畑鍋は雰囲気を盛り上げてくれること間違いなし。おもてなしにもぴったり。時間に余裕があるときは、ぜひ試してみたいメニューです。

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    2. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    3. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    4. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    5. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    6. 「ホットフラッシュ」の対処法。人目につくから余計につらい...

    7. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    8. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    9. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    6. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    7. 大臀筋のストレッチで腰痛予防。デスクワークが多い人におすすめ

    8. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら