1. Home
  2. BODY
  3. 30代に予備軍多数! 「世界糖尿病デー」に考える、糖尿病のこと

30代に予備軍多数! 「世界糖尿病デー」に考える、糖尿病のこと

30代に予備軍多数! 「世界糖尿病デー」に考える、糖尿病のこと

「糖尿病」と聞くと、中年男性に多い疾患で、原因は「おいしいものの食べすぎ」や「不摂生な生活」などというイメージを持つ人が少なくありません。

実は30代40代の女性であっても気をつけなければいけない糖尿病のことを学ぶべく、11月14日の「世界糖尿病デー」にちなんで開催されたセミナーに行ってきました。

世界的な啓蒙活動「世界糖尿病デー」とは

glico_01.jpg

「糖尿病の現状」と題したこのセミナーに登壇した国立国際医療研究センター病院の糖尿病情報センター長である大杉満先生によれば、現在、日本国内における糖尿病患者および予備軍は約2,000万人。人口を1億3,000万人とすると6~7人にひとりが糖尿病の疑いがあると換算されます。糖尿病の原因は、「環境因子」と「遺伝因子」があるそうです。

【糖尿病の原因となるもの】▼環境による原因・肥満・運動不足・食生活の乱れ・喫煙・ストレスなど

▼遺伝による原因・血縁関係にある者に糖尿病患者がいる

糖尿病が怖いのは、痛いかゆいといった自覚症状がなくてもじわじわと進行すること。健康診断で糖尿病の疑いがあると指摘されても、わかりやすい自覚症状がないため、治療を途中でやめてしまう人も少なくないのが問題で、50歳未満、とくに20~30代の若年者に治療を離脱してしまう人が多いそう。糖尿病の対策はまずはきちんと向き合うことが大切です。

【糖尿病対策の基本】・自分に遺伝因子があるかを知ること・生活習慣の見直しを心がける・糖尿病の疑いがあると診断されたら、しっかりと治療を続ける

上記の3つだけでも、糖尿病や合併症のリスクは大きく下がると大杉先生は言います。

そんな糖尿病の予防と治療の大切さを知る機会となるのが11月14日の「世界糖尿病デー」です。この日はインスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日であることにちなみ、2006年に国連により公式に認定されました。世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフにした「ブルーサークル」が街のあちこちで見られるはず。ぜひ気にかけておきたいですね。

大杉満先生

東京大学医学部卒業後、ハワイ大学、ワシントン大学を経て、東京大学糖尿病・代謝内科特任講師として勤務。三井記念病院糖尿病代謝内科科長、東芝病院代謝内分泌内科部長を務め、現在は国立国際医療研究センター病院 糖尿病情報センター長・第三糖尿病科医長。

創業以来、変わらない「おいしさと健康」への思い

glico_02.jpg

セミナーの後半では、この会を主催した江崎グリコ株式会社が「世界糖尿病デー」に賛同した理由や企業理念を発表しました。

「グリコ」が創業以来、変わらずに掲げるのは「おいしさと健康」です。もともと薬の卸し業を営んでいた創業者が、カキのエキスに含まれる「グリコーゲン」に着目したのが「グリコ」誕生の由来。「予防こそ治療に勝る」との思いで子どもが喜ぶキャラメルにグリコーゲンを用い、1922年に栄養菓子「グリコ」の販売を機に創業しました。

グリコというと、おいしいお菓子のヒットメーカーというイメージがありますが、現在も世代性別の垣根を超えて「おいしさと健康」を掲げた製品がたくさん発売されています。

健康を大切に思うグリコが「世界糖尿病デー」を応援するという姿勢も自然のこと。大阪・道頓堀のシンボルともいえる「グリコサイン」は、2017年11月7日(火)から11月14日(火)の期間、「江崎グリコは世界糖尿病デーを応援しています。」のメッセージとともに、キャンペーンのカラーでもあるブルーサークルに彩られます(※期間中の日没後毎時15分ごと)。こうした取り組みを通じて「世界糖尿病デー」の認知や理解促進に広く貢献しきたいという思いが込められています。

* * *

「おいしさと健康」を兼ね備えた画期的なアイス

glico_03.jpg

左上/バニラ、中上/チョコクランチ、右上/ラムレーズン、左下/バニラソフト、右下/チョコモナカ

「おいしさと健康」というメッセージを体現するグリコの製品の中でも、おいしいものに目がない女性にとくにおすすめしたいのが、グリコのアイス「SUNAO」です。おいしさを最優先に追求し、ヘルシーさにもこだわった画期的なアイスです。

カロリーはたったの80kcal。さらに糖質は40~50%オフ(*)、砂糖不使用、豆乳やトウモロコシ由来の食物繊維といったカラダにやさしい素材を使用しています。カロリーコントロールのアイスといえば、「味は二の次」とあきらめてしまいがちですが、SUNAOはコクがあるリッチな味わいながら、後味はスッキリ。うしろめたさを感じずに、食べたいという気持ちに「素直」でいてほしいという思いが、製品のネーミングに込められています。

食後のデザートに、がんばった1日の終わりに、罪悪感なく食べられる「SUNAO」。グリコの「おいしく健康に」というメッセージも一緒に噛みしめたくなる素敵なアイスです。

*【カップ・ソフト】:糖質50%オフ。日本食品標準成分表2015ラクトアイス(普通脂肪)と比較。【モナカ】:糖質40%オフ。江崎グリコ製品比。

SUNAO

撮影(人物)/内山めぐみ

image via shutterstock(TOP)

Sponsored by 大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 寒いと滅入るのは気のせいじゃない。季節性感情障害(SAD)の乗り越え方8

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    7. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    8. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    30代に予備軍多数! 「世界糖尿病デー」に考える、糖尿病のこと

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More