暗闇でのトレーニングは、人目を気にせず、自分のペースでトライできることもあり人気ですが、プロジェクションマッピングのなか五感で楽しむことができる新感覚のヨガフィットネスが体験できるのが「BEING YOGA」です。

ありのままの自分であることを表現した「BEING」

「BEING YOGA」は、今の"ありのまま"の自分で"ある"というヨガの本質的な理想をそのまま理念として掲げ、2016年9月に設立。周囲の目を気にしがちな日本人は、本当の自分や本音を隠したり、見ないふりをしたりを繰り返すことで、「自分らしくあること」「ありのままの自分であること」が何なのか。そして自分自身が本当に望むものすらわからなくなってしまっている人も多いと考え、ヨガというツールを使って自分に立ち戻れる場所を提供しようと、代表の中川瑞穂さんがスタートさせました。

中川さんは、外資系投資銀行に約10年勤務後渡米し、フィットネスの本場N.Y.でボディトレーニングを学び、パーソナルトレーナーになったという経歴の持ち主。もともと、ヨガには興味がなく、ピラティスなどを学んでいたそうですが、あるときにヨガ体験をしたら、「理にかなっている」と感じ、ヨガに目覚めたそう。そんな体験から、「ヨガ=瞑想」など、自分にはできないと思い込んでいるような初心者にもわかりやすく伝える工夫をレッスンに取り入れています

毎月変わるコンセプトに合わせた空間演出

暗闇で周りが見えないので、しっかりヨガのポーズができない初心者でも、安心してトライできる環境もそうですが、よりリラックスできたり、楽しい気持ちになったりできるよう、毎月、コンセプトに合わせた期間限定の空間演出でヨガを体験できます。

11月のコンセプトは、「おうちで ゆっくり まったり」。暖炉やキャンドルのゆらめく光の中、ストレスや緊張から、心身ともにリラックスできるレッスンだそう。

20171107_yoga1.jpg

おすすめは、「CHILL&RELAX」で、抱き枕やブランケットに身をゆだねて、まるで自宅でゴロゴロするようにリラックスできるレッスンだそう。なんだか、そのまま眠ってしまいそうですね。

20171107_yoga2.jpg

お花の香りに包まれて、内側からもきれいにアプローチする「FLOWER AROMA」、炎のゆらめきで目からも癒される「LANTERA FLOW」、その日の月の満ち欠けに合わせ、音楽、香り、レッスン内容を微調整して自立神経や女性ホルモンのバランスを整える「MOON STAR HEALING」など、どれもトライしてみたい内容です。暗闇と、このワクワクする演出なら多少ポーズができていなくても気にならないですね。

先日、見学とプチ体験をさせていただきましたが、少しの時間なのに、体をのばし、心地いい空間で、まるでボディトリートメントを受けた後のようなリラックス感が体験できました。続けることで、呼吸も深くなり、姿勢もよくなるそうなので、寒さで体が縮こまりがちなこの季節にぴったりですね。

BEING YOGA

場所:東京都渋谷区渋谷2-19-20 宮益坂村瀬ビル5階

電話番号:03-6433-5634

参加費:3,000円~3,500円(税込)