1. Home
  2. EAT
  3. 自分と向き合いたい時間のお供に、スパイスドリンクでリフレッシュを

自分と向き合いたい時間のお供に、スパイスドリンクでリフレッシュを

自分と向き合いたい時間のお供に、スパイスドリンクでリフレッシュを

ふっと一息つきたいとき、コーヒーや紅茶などの温かい飲みもので気持ちの切り替えをするという方は多いはず。そんな日々のお供になるドリンクにとっておきのスパイスをプラスして、カラダの中からほぐれる時間を作りませんか。

スパイスドリンクでリフレッシュ&リラックスを

ハウスウェルネスフーズが「毎日忙しくがんばる女性のために寄り添いたい」と提案している、スパイスドリンク&Spice(アンドスパイス)。独自の複合スパイスエキス(しょうが・フェンネル・山椒・ナツメ・甘草・高麗人参)を配合したスパイスドリンクです。お湯を注ぐとシュワーっとはじける発砲パウダーで、リフレッシュできる香りがひろがります。

そのときの気分に寄り添う、朝、昼、夜にあわせた3種のフレーバーを展開。ふわりと軽くなるフルーツティー風味の「ASAYAKE~朝のシャインアップドリンク~」、午後のほぐれたいひとときにローズ&ハニー風味の「KOMOREBI~午後のほぐしドリンク~」、一日の終わりのリラックスタイムにベルガモット風味の「TSUKIYO~夜のバランスドリンク~」がラインナップ<各2.5g×5袋 645円(税込)>。

気分転換や自分と向き合いたいときのお供に

仕事の合間に、家事をがんばったあとに、週末のぼんやり過ごしたい読書タイムのお供になど。一人時間がもっと心地よくなる新しいタイプのスパイスドリンクです。3種類のパッケージがつながると、1枚の絵になる美しいイラストにもこだわりを感じます。

ノンカフェインで飲みやすいドリンクですが、スパイス配合のため、妊娠中、授乳中の方、小児は飲用できないのでご注意ください。LOHACOで限定発売中です。

[&Spice]

(マイロハス編集部)

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?