1. Home
  2. STYLE
  3. 震災から6年半、猫島はいま。宮城県・田代島

震災から6年半、猫島はいま。宮城県・田代島

旅するデザイナーの冒険の書

2,187

rumi

震災から6年半、猫島はいま。宮城県・田代島

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から6年半が過ぎました。震災後この時期になると会社のプロジェクトの一環で、津波によって仕事場を流されてしまった南三陸町のお母さんたちに毎年お仕事の依頼に行くのですが、その出張に合わせて猫島として有名な田代島に行ってきました。

20171102_tashirojima1.jpg

田代島へは石巻港から船に乗り約45〜60分(便によって所要時間が変わります)で着きます。車で石巻港まで向かったのですが市内をしばらく走ったあと、突然あたり一面見渡す限り雑草が生えている土地に入り込みました。南三陸町でも見覚えのある不気味なほど広すぎる空き地。よく見ると雑草の隙間からは家や建物の基礎が見え隠れし、砂利だらけの道のない道を進むと車のナビは狂ったかのように何度も経路を更新してきます。背の高い草のおかげで港がどこにあるのか全くわからず、ナビも混乱中のため出港の時間に間に合うか急に焦りが出てきました。

20171102_tashirojima2.jpg

小さな待合所と工事中の港。まわりには大きな建物は見当たりません。

港までの誘導看板がほとんどない中、なんとか出港3分前に到着し船に飛び乗りました。海に出ると普段あまり見ることができない陸を海から見ることができます。しかし陸の姿は失われつつあり、要塞の壁のように固められた巨大な防潮堤の姿に言葉を失いました。現在、東北の太平洋側の海岸線全長約400kmにわたり、最大高さ15.5mという巨大な防潮堤の建設が進んでいます。同時に私は夕日の美しい故郷の遠州浜を思い出していました。東北には海と共に生きてきた町も少なくありません。「町が死んでしまう」「また津波が来ても防潮堤で見えないのでかえって危険」と反対の声も大きいと南三陸町のお母さんが話してくれたことを思い出しました。

20171102_tashirojima3.jpg

右側に見える白い壁が防潮堤。少しずつ陸が見えなくなっていっています。

船の中で田代島在住のおばあちゃんと仲良くなり、震災当時のことをたくさんお話してくれました。しかしなんと言葉が韓国語のようなイントネーションで9割ほど聞き取れない! 震災の時は、津波が来る前に猫がみんな一斉に山に走り出したそうな。それを見て島に住む人たちも山に避難し大きな被害を免れたとのこと。

20171102_tashirojima4.jpg

田代島の2つある港のひとつの二斗田港。震災時約130cm地盤沈下し、船着場が水没してしまったそう。今はきれいな港に。

田代島は島の住民よりも猫が多く、島民の平均年齢は70歳を超えます。静かで温かくてどこか懐かしくてとても癒される島です。到着すると、いたるところに猫、ねこ、ネコ!もちろん旅に必須のアイテム、マイ猫じゃらし持参!じゃらしパワーは世界共通なのです。

20171102_tashirojima5.jpg

第一島猫発見! 日向ぼっこをして静かに目を閉じています。

20171102_tashirijima6.jpg

道端に猫の置物たちが置かれています。猫島に来たことを実感させてくれます。

20171102_tashirojima7.jpg

いましたー! 猫の集団! みんな日向ぼっこ中。

20171102_tshirojima8.jpg

島に訪れるのは私のような一人旅女子だけではありません。むしろ、一人旅男子の方が多かったのに驚き。男子達も夢中で猫たちを追いかけます! 写真の男子はみんな一人旅男子。

20171102_tashirojima9.jpg

田代の小さな歴史館&クロネコ堂。旧郵便局の建物と家具を利用して資料館とカフェを作られたそう。

20171102_tashirojima10.jpg

中では田代島のお土産や猫グッズも販売しています。

20171102_tashirojima11.jpg

ふらりと猫さんが遊びに来ることも。

20171102_tashirojima12.jpg

猫神社。島の守り神として猫を祀っています。ここにもネコグッズがたくさん。

20171102_tashirojima13.jpg

なるほど、納得なシステム。メディアに出てから観光客が急激に増えたそうで、今は大量にエサを道にばらまかれて事故死してしまうなど問題も多いよう。

20171102_tashirojima14.jpg

私の研究によると島の約8割の猫が猫じゃらしに夢中になります。

海はとても穏やかで風も気持ちがよく、波の音と木の葉の音しか聞こえません。人は昔から自然と共存して生きてきているはず。海や山の恵みと、昔からの暮らしの知恵であたりまえのように日々生活ができています。自然は壮大で美しい。でも突然想像を超える力が押し寄せることもあります。それでも人は海に出て漁をするし、畑で作物を作り続けます。昔々から自然との対話をずっとずっと繰り返しているはず。さっき見た防潮堤の姿が頭から離れず、人と自然の共存についてぼんやり海を眺めながら考えてしまいます。でも猫たちはそんなことはおかまいなく、日向ぼっこしたり、毛づくろいをしたり。とても自由に気ままに1日が過ぎていく。

20171102_tashirojima15.jpg

商店の前でもやっぱり日向ぼっこ。

20171102_tashirojima16.jpg

「猫に効く」「よだれかけ」!? 気になる看板! 昼間ですがシャッターが半分降りています。

20171102_tashirojima17.jpg

有名漫画家のペイントが施されたロッジがある「マンガアイランド」。キャンプ施設になっていて誰でも利用することができます。

飼い猫と野良猫の中間にあたるたくさんの地域猫が島民と共に暮らす田代島。復興事業の一つとして猫を活用した観光プロジェクトも行われています。ここではたくさんの猫さん達と豊かな自然と人との共存の姿がゆっくりとした時間の中で見ることができます。

>>【旅するデザイナーの冒険の書】をもっと読む>>旅するデザイナー冒険の書プロローグ

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた