こんにちは、スタイリストの植村美智子です。
今年はこれまで以上に、ファーやウールを絡ませた、秋冬用のカゴバッグがたくさん出ています。今の時期にレースのスカートを出しているショップも、ぐんと増えたように思います。アイテム単体の季節の境目はどんどんなくなり、季節関係なく活躍するアイテムや素材が増えてきました。ですが、まだまだ、春夏物と秋冬物の境界線をなくしてしまうことに不安や抵抗がある人は多いようです。

春夏物と秋冬物の境界線はなくなった?

つい先日友人が、白いコットンのロングスカートを穿いて電車に乗っていたら、ご婦人たちが「寒いのに白のコットンスカートなんて非常識ね」と話しているのが聞こえて来たそうです。その話を聞いた翌日、秋冬物の撮影でキャンバススニーカーを使ったら「冬でもキャンバス履いていいんですね」と言われ、まだまだそういう考え方は根強いんだな。と改めて思いました。

たしかに、コットンスカートや、キャンバススニーカーは、春夏に多く見かけるアイテムです。さわやかなイメージがあるので、自然に「春夏の物」と考えてしまっている人は多いかもしれません。ですが、コットンやキャンバスは、寒い季節も欠かせません。コーディネートにメリハリを付けたり、全体の重さを調整したりしてくれる、秋冬も活躍するアイテムなんです。

オシャレ度をグッと上げる秋冬のコットンロングスカート

コットンのロングスカートは、ざっくりした厚手のニットやファーの小物と相性◎。コーディネートの中にWarmな素材とCoolな素材が入っていることでコーディネートにメリハリが付き、オシャレ度はぐっと上がります。ライダースなど、レザーともいいコンビ。HardなライダースにSoftなコットン素材、アメとムチ的コンビネーションで、レザーの強さを緩め、大人の女性に馴染みやすくしてくれます。ニットタイツなど、厚手のタイツやレギンスとも相性バッチリなので、暖かさをしっかり仕込めば、寒いのが苦手な人も問題ないはずです。

キャンバススニーカーで軽やかさ、カジュアルさをプラス

キャンバスのスニーカーは、秋冬のスタイルをちょうどいい重量感に仕上げてくれる便利なアイテム。ニット+ウールのワイドパンツなど、温かみのあるコーディネートの時、レザーやスウェードのスニーカーを合わせるのもいいですが、全体の印象がちょっと重いかな...と感じてしまうこともあるはず。そんなときは、キャンバスのスニーカーです。適度なカジュアルさをプラスし、軽やかさのあるちょうどいい重量感に仕上げてくれます。寒いと感じてしまう人は、ウールのソックスを履いたり、靴用のカイロを忍ばせたりしてカバーです。

他にも、カットソーやTシャツ、シフォン系のブラウス、レースのアイテムなども春夏物と考えられがちですが、これらも、秋冬らしい素材との相性はバッチリです。まずは、春夏の自分のワードローブを確認。これ行けるんじゃないかな? と思うアイテムがあれば、コットンスカートやキャンバススニーカーと同じ要領で、ぜひ、コーディネートを作ってみてください。

イラスト・米山夏子

>>「Enjoy Fashion!」をもっと読みたい