1. Home
  2. STYLE
  3. 春夏素材は、秋冬でも大活躍! ミックスコーデにトライ【Enjoy Fashion!】

春夏素材は、秋冬でも大活躍! ミックスコーデにトライ【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

春夏素材は、秋冬でも大活躍! ミックスコーデにトライ【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。今年はこれまで以上に、ファーやウールを絡ませた、秋冬用のカゴバッグがたくさん出ています。今の時期にレースのスカートを出しているショップも、ぐんと増えたように思います。アイテム単体の季節の境目はどんどんなくなり、季節関係なく活躍するアイテムや素材が増えてきました。ですが、まだまだ、春夏物と秋冬物の境界線をなくしてしまうことに不安や抵抗がある人は多いようです。

春夏物と秋冬物の境界線はなくなった?

つい先日友人が、白いコットンのロングスカートを穿いて電車に乗っていたら、ご婦人たちが「寒いのに白のコットンスカートなんて非常識ね」と話しているのが聞こえて来たそうです。その話を聞いた翌日、秋冬物の撮影でキャンバススニーカーを使ったら「冬でもキャンバス履いていいんですね」と言われ、まだまだそういう考え方は根強いんだな。と改めて思いました。

たしかに、コットンスカートや、キャンバススニーカーは、春夏に多く見かけるアイテムです。さわやかなイメージがあるので、自然に「春夏の物」と考えてしまっている人は多いかもしれません。ですが、コットンやキャンバスは、寒い季節も欠かせません。コーディネートにメリハリを付けたり、全体の重さを調整したりしてくれる、秋冬も活躍するアイテムなんです。

オシャレ度をグッと上げる秋冬のコットンロングスカート

コットンのロングスカートは、ざっくりした厚手のニットやファーの小物と相性◎。コーディネートの中にWarmな素材とCoolな素材が入っていることでコーディネートにメリハリが付き、オシャレ度はぐっと上がります。ライダースなど、レザーともいいコンビ。HardなライダースにSoftなコットン素材、アメとムチ的コンビネーションで、レザーの強さを緩め、大人の女性に馴染みやすくしてくれます。ニットタイツなど、厚手のタイツやレギンスとも相性バッチリなので、暖かさをしっかり仕込めば、寒いのが苦手な人も問題ないはずです。

キャンバススニーカーで軽やかさ、カジュアルさをプラス

キャンバスのスニーカーは、秋冬のスタイルをちょうどいい重量感に仕上げてくれる便利なアイテム。ニット+ウールのワイドパンツなど、温かみのあるコーディネートの時、レザーやスウェードのスニーカーを合わせるのもいいですが、全体の印象がちょっと重いかな...と感じてしまうこともあるはず。そんなときは、キャンバスのスニーカーです。適度なカジュアルさをプラスし、軽やかさのあるちょうどいい重量感に仕上げてくれます。寒いと感じてしまう人は、ウールのソックスを履いたり、靴用のカイロを忍ばせたりしてカバーです。

他にも、カットソーやTシャツ、シフォン系のブラウス、レースのアイテムなども春夏物と考えられがちですが、これらも、秋冬らしい素材との相性はバッチリです。まずは、春夏の自分のワードローブを確認。これ行けるんじゃないかな? と思うアイテムがあれば、コットンスカートやキャンバススニーカーと同じ要領で、ぜひ、コーディネートを作ってみてください。

イラスト・米山夏子

>>「Enjoy Fashion!」をもっと読みたい

植村美智子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン