1. Home
  2. MIND
  3. 立冬の日からの過ごし方:首をあたため、英気を養い、春に芽を出すチャンスを待とう

立冬の日からの過ごし方:首をあたため、英気を養い、春に芽を出すチャンスを待とう

暮らしに活かす二十四節気

1,909

景山えりか

立冬の日からの過ごし方:首をあたため、英気を養い、春に芽を出すチャンスを待とう

夏に比べると、太陽の光は弱くなり、日が暮れるのもずいぶんと早くなりました。季節はいよいよ冬へ。寒さや空気の乾燥を、肌でひしひしと感じるシーズンの到来です。

暮らしに活かす二十四節気「立冬」の過ごし方

「立冬(りっとう)」・毎年11月8日頃・太陽と地球の関係:225度

今日(2017年11月7日)は、二十四節気の「立冬」です。暦のうえでは冬の始まりを意味します。ライフサイクルを四季で表すと、春は誕生、夏は成長、秋は成熟、冬は老化。そう、冬はエイジングと深く関係している季節です。肌や体力などの「衰え」を感じやすい時期なので、意識的に休息することが大切です。

日の出の時刻は遅く、日の入りの時刻は早くなるのが冬。そんな太陽のリズムに合わせて、朝はゆっくり起きるのが◎。たまには布団の中でグズグズして、自分を甘やかしてあげてください。太陽の出ている時間が短いので、夜は早めに就寝を。「早寝遅起き」で十分な睡眠をとり、疲れをため込まないようにするのが、自然のリズムにあった養生のポイントになります。

ファッション小物で「首」を冷やさない工夫を

この時期は、まだ厳しい寒さを感じるほどではありませんが油断は禁物。体を冷やさないように、首回り、手首、足首には注意が必要です。Vネックのニットやアンクル丈のパンツなど、「首」を露出することでオシャレ度がアップしたり、スッキリと見える効果があったりします。けれど、「首」を冷やしてしまうと、気のめぐりや血流が悪くなり、体調を崩す原因になることも。とくに、秋の土用の最中に体調がすぐれなかった人は、立冬の時期はマフラーや長靴下などの小物づかいで「首」を冷やさないように心がけて。次にめぐってくる二十四節気の「小雪(11月22日)」までは意識して続け、真冬の寒さに打ち勝つための、体の土台をつくりましょう。

私の場合、毎年秋に体調を崩しやすい傾向があり、立冬の頃は首元と足首を冷やさないように気をつけています。自宅で過ごすときもマフラーとレッグウォーマーはかかせません。衣服の重ね着をしなくても、小物づかいを工夫するだけで、体の内側からポカポカとあたたまって快適。仕事で忙しい日々が続いても、疲労や気だるさを感じにくくなるように思います。

冬の間の養生こそ、春にチャンスをつかむコツ

立冬の頃の風物詩といえば「木枯らし」です。木枯らしとは、晩秋から初冬にかけて太平洋側に吹く、風速8メートル以上の北寄りの風のこと。いよいよ冬型の気圧配置になったことを示す現象で、冬の到来を告げる季節の便りです。この強い北風が吹くたびに木々から葉が落ちていきます。枝だけになった木は、枯れてしまったかのような姿に。ゆえに「木枯らし」というわけです。しかし、木々が葉を落としてしまっても、本当に枯れてしまったわけではありません。ちゃんと冬芽を用意して、春の訪れをじっと待っています。

冬は備える時季です。寒い間に、体力を養い、知を養い、美を養う。日々の養生をおこたらず、きちんと備えておくことで、私たちにも春に芽吹くチャンスがめぐってきます。

次に巡ってくる二十四節気は、「小雪(2017年11月22日)」です。

イラスト・カイフチエリ

>>「暮らしに活かす二十四節気」をもっと読みたい

    Ranking

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 寒い季節の定番「ポタージュ」を作るとき、はじめにしないほうがいいこと

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 気持ちよ〜く伸びてぽかぽか。冷え性にも効く「椅子ヨガ」3選

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    4. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    7. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    8. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら