1. Home
  2. MIND
  3. 立冬の日からの過ごし方:首をあたため、英気を養い、春に芽を出すチャンスを待とう

立冬の日からの過ごし方:首をあたため、英気を養い、春に芽を出すチャンスを待とう

暮らしに活かす二十四節気

立冬の日からの過ごし方:首をあたため、英気を養い、春に芽を出すチャンスを待とう

夏に比べると、太陽の光は弱くなり、日が暮れるのもずいぶんと早くなりました。季節はいよいよ冬へ。寒さや空気の乾燥を、肌でひしひしと感じるシーズンの到来です。

暮らしに活かす二十四節気「立冬」の過ごし方

「立冬(りっとう)」・毎年11月8日頃・太陽と地球の関係:225度

今日(2017年11月7日)は、二十四節気の「立冬」です。暦のうえでは冬の始まりを意味します。ライフサイクルを四季で表すと、春は誕生、夏は成長、秋は成熟、冬は老化。そう、冬はエイジングと深く関係している季節です。肌や体力などの「衰え」を感じやすい時期なので、意識的に休息することが大切です。

日の出の時刻は遅く、日の入りの時刻は早くなるのが冬。そんな太陽のリズムに合わせて、朝はゆっくり起きるのが◎。たまには布団の中でグズグズして、自分を甘やかしてあげてください。太陽の出ている時間が短いので、夜は早めに就寝を。「早寝遅起き」で十分な睡眠をとり、疲れをため込まないようにするのが、自然のリズムにあった養生のポイントになります。

ファッション小物で「首」を冷やさない工夫を

この時期は、まだ厳しい寒さを感じるほどではありませんが油断は禁物。体を冷やさないように、首回り、手首、足首には注意が必要です。Vネックのニットやアンクル丈のパンツなど、「首」を露出することでオシャレ度がアップしたり、スッキリと見える効果があったりします。けれど、「首」を冷やしてしまうと、気のめぐりや血流が悪くなり、体調を崩す原因になることも。とくに、秋の土用の最中に体調がすぐれなかった人は、立冬の時期はマフラーや長靴下などの小物づかいで「首」を冷やさないように心がけて。次にめぐってくる二十四節気の「小雪(11月22日)」までは意識して続け、真冬の寒さに打ち勝つための、体の土台をつくりましょう。

私の場合、毎年秋に体調を崩しやすい傾向があり、立冬の頃は首元と足首を冷やさないように気をつけています。自宅で過ごすときもマフラーとレッグウォーマーはかかせません。衣服の重ね着をしなくても、小物づかいを工夫するだけで、体の内側からポカポカとあたたまって快適。仕事で忙しい日々が続いても、疲労や気だるさを感じにくくなるように思います。

冬の間の養生こそ、春にチャンスをつかむコツ

立冬の頃の風物詩といえば「木枯らし」です。木枯らしとは、晩秋から初冬にかけて太平洋側に吹く、風速8メートル以上の北寄りの風のこと。いよいよ冬型の気圧配置になったことを示す現象で、冬の到来を告げる季節の便りです。この強い北風が吹くたびに木々から葉が落ちていきます。枝だけになった木は、枯れてしまったかのような姿に。ゆえに「木枯らし」というわけです。しかし、木々が葉を落としてしまっても、本当に枯れてしまったわけではありません。ちゃんと冬芽を用意して、春の訪れをじっと待っています。

冬は備える時季です。寒い間に、体力を養い、知を養い、美を養う。日々の養生をおこたらず、きちんと備えておくことで、私たちにも春に芽吹くチャンスがめぐってきます。

次に巡ってくる二十四節気は、「小雪(2017年11月22日)」です。

イラスト・カイフチエリ

>>「暮らしに活かす二十四節気」をもっと読みたい

景山えりか

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって