1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. おうちで気軽に再生医療。若々しさをサポートする診察室生まれの化粧品

おうちで気軽に再生医療。若々しさをサポートする診察室生まれの化粧品

おうちで気軽に再生医療。若々しさをサポートする診察室生まれの化粧品

年を重ねると、やはり「若々しさや健やかさを取り戻したい」と思うことも。とはいえ美容クリニックに通うほどの強い気持ちでもなく、「おうちで手軽にクリニックの美肌づくりをマネできるのであれば試してみたい」。そう考える女性にうれしい、クリニック発信の「おうち再生医療ケアコスメがあります。

ヒト幹細胞培養液配合の炭酸パック

それは、自由が丘クリニックドクターズコスメティクスが提案する「JCプログラム」の「レジュモ CO2 パック」。

1711_jcprogram_01.jpg
レジュモ CO2 パック(10回分)/ 12,000円(税別)※2017年11月25日(土)リニューアル発売

そもそも「JCプログラム」のはじまりは、クリニックの受付で診察の帰りに薬と一緒に渡される名も無い化粧品からでした。それが治療に効果が現れ、その名も無い化粧品を「これからも使いたい」と買い求めに来る患者さんが増えたことで、医師や化粧品の専門家が集まり、試行錯誤の末に診察室で誕生したのです。

「レジュモ CO2 パック」には、若返り治療として美容医療の現場で注目されている「ヒト幹細胞培養液」が配合されています。ふっくらと弾むようなハリとなめらかさがもたらされ、また、くすみや美白にも目を見張る違いを実感できるとか。

炭酸パックになっているので、マッサージをしなくてもただ塗るだけで血行が効率よく促進され、まるで有酸素運動のようなパフォーマンスも期待できます。

さらに使用感がアップしてリニューアル

そんな化粧品以上、美容医療未満の「レジュモ CO2 パック」が、従来品よりも塗りやすさ、乾きやすさ、剥がしやすさが向上して、2017年11月25日(土)にリニューアル発売されることになりました。

使い方は簡単。まず、ジェル1包とペースト1包を付属の容器に移し、スパチュラで1分程度混ぜ合わせます。

1711_jcprogram_02.JPG

滑らかになったら顔全体にまんべんなく厚めに塗り、15分以上待ちます。

1711_jcprogram_03.JPG

ジェルが固まったら、端から剥がして終了です。

1711_jcprogram_04.JPG

塗布した待ち時間を30分以上かけることで、より高い効果が実感できるそう。「キレイになっていく時間」を長くゆっくりと楽しむのも、「おうち再生医療」ケアの醍醐味。

1週間がんばった肌を週末に集中して癒してあげることで、使用後すぐの肌の手ざわりに心が弾み、翌朝の目覚めも楽しみになる。だからまた新しい1週間を気持ちよくスタートできる。使うことで、そんなうれしい習慣が生まれそうなケアコスメです。

JCプログラム

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    6. 自分に合う仕事を探していませんか? | 禅僧のおことば 18

    7. ロマンスを進める準備はできてますか? カップルに試してほしいこと<前編>

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

    10. ほっこり体の芯から温まる。うま味引き立つ、具だくさん豚汁

    1. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    おうちで気軽に再生医療。若々しさをサポートする診察室生まれの化粧品

    FBからも最新情報をお届けします。