1. Home
  2. EAT
  3. シンプル調味でコクがでる「豚肉と舞茸の豆乳チゲ」

シンプル調味でコクがでる「豚肉と舞茸の豆乳チゲ」

シンプル調味でコクがでる「豚肉と舞茸の豆乳チゲ」

外から帰ってきたら、すぐにでも温かいお鍋やスープで暖をとりたくなる季節がやってきました。気づけば毎日お鍋にしちゃうという人もいるくらい手軽に作れて、体が温まり、野菜がたっぷりとれるのもお鍋の良いところ。ただいつも同じような味付けになって、飽きてしまう......という方に。覚えておくとバリエーションが増える、シンプル調味で本格的な味わいのまろやかチゲはいかがでしょうか。

今回は、アンチエイジングに嬉しい食材をたっぷり使った豚肉と舞茸の豆乳チゲをご紹介します。

豚肉と舞茸の豆乳チゲ

<材料>1人分豚もも薄切り肉 40g木綿豆腐 25g長ねぎ 25gチンゲン菜 30g舞茸 40gおろしにんにく 小さじ1/2ごま油 小さじ1/2★調製豆乳 160cc★水 40cc★白菜キムチ 35g★しょうゆ 小さじ1/4黒こしょう 少々

<作り方>(1)木綿豆腐は水気を切り、2cmの角切り。舞茸は食べやすい大きさに裂く。長ねぎ・チンゲン菜は根元を除き、長さ3cmに切る。(2)鍋におろしにんにく・ごま油を入れ、香りがするまで炒める(弱火)。長ねぎを入れ、焼き色が付くまで炒める(中火)。(3)チンゲン菜・舞茸を加えさっと炒め、★を加え柔らかくなるまで煮る(3分~)。(4)豚肉・木綿豆腐を加え、火が通ったら最後に黒こしょうで味を整える。(5)器に盛り付ける。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス!

舞茸に含まれる「β-グルカン」には、コレステロール値を低下させる作用や、免疫力を高める効果も期待できます。また、糖質を効率よく代謝する「ビタミンB1」も含まれています。水溶性ビタミンなので水に流れやすいのが難点ですが、スープにすると無駄なく効率よくビタミンを取り入れることに繋がります。さらに、歯ごたえもよいので自然と噛む回数が増え過食防止・満腹感を高める効果も期待できます。(管理栄養士:服部麗)

こんなレシピも人気です!

舞茸とかぼちゃの豆乳グラタン鮭のかぼちゃ豆乳グラタン自宅で簡単!純豆腐チゲ風

レシピ提供:ダイエットプラス

201708_DietPlus_top.png

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    シンプル調味でコクがでる「豚肉と舞茸の豆乳チゲ」

    FBからも最新情報をお届けします。