1. Home
  2. EAT
  3. 気力が出ない、太った...女性に多い甲状腺トラブルも栄養でサポート #ポジティブ栄養学

気力が出ない、太った...女性に多い甲状腺トラブルも栄養でサポート #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

1,743

吉川圭美

気力が出ない、太った...女性に多い甲状腺トラブルも栄養でサポート #ポジティブ栄養学

食べ方を変えていないのになぜか太ってきた、冷えやすくなってきた、さらにはやる気が出ない、だるさが抜けない......。こんな不調があると、「いよいよエイジングの波がやってきた!? 」と戦々恐々とするかもしれません。でもちょっと待って。もしかしたら老化ではなく、甲状腺が関係している可能性も考えられます。

元気をつくる甲状腺ホルモン。鉄&亜鉛も不足に関係

ここで甲状腺についておさらいしておきましょう。

甲状腺とは、のどぼとけの下にある、ちょうちょが羽を広げたような形をした臓器のこと。ここから出されるホルモンが甲状腺ホルモンです。はたらきとしては身体の発育をうながしたり、新陳代謝を活発にして身体の熱を生み出したり、交感神経を活発にしたり、心拍数を増やしたり、など。元気をつくるホルモン、ともいえるでしょう。しかし、甲状腺のはたらきが下がってホルモンの量が少なくなってしまうと、全身がエネルギー不足の状態に。

疲れがとれない、常にだるい、眠い、むくみやすい、生理不順、前より寒さに敏感になった、体重増加、などが続くなら、もしかしたら甲状腺が関係している場合も......。

甲状腺ホルモンはT4とT3の2種類があり、脳の下垂体から命令を受けて甲状腺からだされます。このとき分泌されるのはおもにT4。これを腎臓や肝臓でT3に変えて全身ではたらきます。この一連の流れがうまくいかず、だるい、冷える、太る、といったトラブルへとつながっていきます。

その原因のひとつに栄養が関わっている場合も。というのも、T4からT3に変換するときに鉄と亜鉛が関わってくるため、鉄不足、亜鉛不足がある場合、甲状腺トラブルが起こりやすくなると考えられているからです。

鉄といえば、ほとんどの女性が不足しやすい栄養の代表格。亜鉛も、コンビニ食や外食が多くなりがちな方や甘いもの好きな現代人には足りないケースが多いのです。

甲状腺トラブルは、成人女性の10~20人に1人は起こる

あまり知られていませんが、甲状腺トラブルは成人女性に多いのも特徴。10人~20人に1人の割合というから驚きます。お恥ずかしながら、私も気づかず過ごしてきたひとり。5年ほど前、クリニックで甲状腺トラブルを見つけてもらいました。組織は一度壊れると修復は難しいと聞き、「一生つきあう病気かもしれない」と覚悟。治療と同時に鉄や亜鉛をしっかりとるようにしたところ、検査の数値がよくなり、うれしくなりました。

実際に甲状腺にトラブルがあるかどうかは、血液検査をしなければわかりません。もしトラブルが見つかったら治療はもちろん、栄養面でも意識してみるとよいでしょう。栄養療法に明るいドクターを頼ってみるのもいいかもしれませんね。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた