1. Home
  2. EAT
  3. 外でも家でも発酵食。おいしい菌活で美容と健康をキープするアイディアまとめ

外でも家でも発酵食。おいしい菌活で美容と健康をキープするアイディアまとめ

1,445

片岡理森

外でも家でも発酵食。おいしい菌活で美容と健康をキープするアイディアまとめ

体に良い菌を積極的に摂ることで、整腸作用をうながして美容と健康効果がアップするとして、発酵食が注目されています。マイロハスでも日常的な発酵食の摂り入れ方として、発酵マイスターの資格を持つ菜月さんに登場していただきました。今回は、発酵食を専門に提供してくれるレストランや、おうちでの無理のない楽しみ方を提案する記事を集めてご紹介します。

全国から集めた和発酵調味料が決め手

171024_hakko_01.jpg

発酵食品のプロフェッショナルである「醸せ師」の柿本恭子さんが監修したのは、昔ながらの製法でつくられている和発酵調味料に着目したお店「麹と酒 一献三菜 YUITO 日本橋店」。塩麹や酒粕、甘酒などを使った発酵料理が食べられます。さらに、一汁三菜ランチメニューや発酵料理に合うお酒も展開。自慢の調味料は店内で販売しているので、おうちでも楽しむことができます。>>日本橋「麹と酒 一献三菜」で、和発酵調味料の旨味を知る

スタイリッシュな発酵食デリ

171024_hakko_02.jpg

新宿高島屋にある「発酵デリカテッセン カフェテリア Kouji&ko」は、これまでの発酵食品のイメージにとらわれず、見た目から楽しめる「ヌーベルハッコー」がコンセプト。サラダからスイーツまで、すべての料理に発酵食品を使用。とても発酵食とは思えないワクワクするような色鮮やかなメニューに驚きます。>>発酵食品のイメージが変わる。ファッショナブルなデリカフェ

腸活チェックまで行えるレストラン

171024_hakko_03.jpg

醗酵プロフェッショナルの神戸ゆかりさんがメニューを監修したのは、浅草の「Hacco's Table」。新鮮なレシピとフォトジェニックな醗酵食はもちろん、注目なのが飲食店初の試みとなる「腸活チェック」の導入。店内で販売されているキットを購入し、医療機関に郵送すれば、後日スマホなどで結果がわかるそう。発酵食から本気で健康をサポートしようという気合が感じられます。>>腸内環境を整えて、未病改善までサポートする醗酵食レストラン「Hacco's Table」

発酵食品が作れるフードメーカー

171024_hakko_04.jpg

イデアインターナショナルの「発酵フードメーカー」は、ヨーグルト以外にもさまざまな発酵食品を作ることができます。専用レシピブックには、西京味噌、塩麹、ワインビネガーなどの8品が。さらにその発酵食品を使ったレシピも8品あり、計16品が掲載されています。ボタンを押したらあとは待つだけでの簡単仕様なので、発酵食品作りがはじめての人でも安心です。>>手作り発酵フードメーカーで発酵食をより身近に

乳酸菌を豊富に含むザワー・クラウト

171024_hakko_05.jpg

ドイツの代表的な発酵食品「ザワー・クラウト」。肉料理のお供として食べることの多いようですが、生で食べるよりもカロリーは減少するのに、発酵させることでビタミンB類が増量。乳酸菌を豊富に含むことから腸の働きを整え、肌をきれいにする働きもあるそうです。基本的にはキャベツと塩があればできるという、シンプルながら常備したくなるサラダです。>>乳酸菌たっぷりで腸にやさしい。キャベツをつかった簡単レシピ

ひとくちに「発酵食品」といっても、納豆や味噌、甘酒のように日本で昔からよく食べられていた食品から、ワインやチーズ、ヨーグルトのように海外からやっていたものまで種類は豊富。専門店のメニューも参考にしながら、体にうれしい変化を期待して毎日意識的に摂りたいです。

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?