1. Home
  2. EAT
  3. 疲労回復、抗菌、ダイエット......毎日摂りたいビネガーの力を再確認

疲労回復、抗菌、ダイエット......毎日摂りたいビネガーの力を再確認

1,049

片岡理森

疲労回復、抗菌、ダイエット......毎日摂りたいビネガーの力を再確認

体のダルさや疲れを感じたときに摂りたくなるビネガー疲労回復だけじゃなく、ダイエット血行促進などにも効果が期待できるという万能さに注目。ビネガーの力を再確認できる記事を、マイロハスのなかから集めました。

スポーツ後には手作りフルーツビネガーを

171023_vinegar_01.jpg

秋にスポーツをはじめる人も多いですが、ビネガーには運動の疲れを素早く取ってくれる力もあります。スポーツドリンクにも入っている成分、酢酸やアミノ酸が疲労回復をお手伝い。毎日お酢を摂りつづけることで、内臓脂肪を減らす働きもあるのだとか。調味料として使うより、作り置きして飲めるホームメイドのフルーツビネガーがおすすめです。>>炭酸割でシュワっと疲労回復。季節のフルーツビネガーの作り方

国産材料で作られたスウィッチェル

171023_vinegar_02.jpg

佐賀県の唐津で、ほとんどが地元の材料を使ってつくられた「スウィッチェル」は、リンゴ酢にハチミツで甘味を加え、ショウガをアクセントにした自然派飲料。7倍希釈なので、そのまま水やお湯、炭酸水で割って飲むのもよし、牛乳や豆乳に入れてヨーグルト風のとろみをつけて食べるのも、また違った味わいが楽しめそう。>>アップルビネガーラブ! ヘルシードリンク唐津発スウィッチェル

おうちで楽しむヘルシーなビネガーカクテル

171023_vinegar_03.jpg

タイレストランのオーナーシェフが考案した「PokPokSom」は、サトウキビ酢をベースに、すべてナチュラルな原料にこだわったグルメなビネガー。体にやさしく、お酒との相性が抜群。シンプルにソーダで割るもよし、赤ワインやラム酒でも割るのもよし、ビールにもおすすめ。ヘルシーなので罪悪感なくお酒を楽しめそう。>>お酒が弱い人でも楽しめる。夜のリラックスタイムに飲みたいビネガーカクテル

ボディケアにも使えるリンゴ酢

171023_vinegar_04.jpg

ドレッシングとしてサラダにかけたり、炭酸水と割ってドリンクとして飲むのが定番のリンゴ酢ですが、他にもさまざまな使い道があるのだそう。抗炎症作用と抗菌作用があることから、マウスウォッシュ代わりにしたり、吹き出物の薬として使ったり、虫刺されの不快感も和らげるというから驚きです。>>ダイエットや日焼け後のケアにも。リンゴ酢の意外な使いかた

ギフトにしても喜ばれそうなビネガー

171023_vinegar_05.jpg

ハンガリーのビネガー専門ブランド「TOKAJI BORECET」の自然発酵ビネガーに使用されているフルーツは、全て手摘みで収穫された高品質なものばかり。それらをオーク樽熟成させることによって、通常のビネガーよりもまろやかな酸味とフルーティーで凝縮された果実の甘みが実現。スタイリッシュで美しいボトルなので、自分用にはもちろん、プレゼントにしても喜ばれそうなビネガーです。>>ハンガリーから日本初輸入。体がよろこぶ自然発酵ビネガー

サッパリした味わいなので、これまで夏や梅雨に出番が多かったビネガー。シナモンや生姜を加えたり、ホットにしたり、秋冬の冷え対策や風邪予防のためにも常備しておきたいです。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた