1. Home
  2. BODY
  3. 天然成分の口腔ケア。「ネオナイシン-e」配合でパワーアップしたオーラルピース

天然成分の口腔ケア。「ネオナイシン-e」配合でパワーアップしたオーラルピース

1,089

奥田景子

天然成分の口腔ケア。「ネオナイシン-e」配合でパワーアップしたオーラルピース

口の中にも、善玉菌や悪玉菌、日和見菌と細菌がいっぱいです。乾燥して、風邪をひきやすくなる時期。忙しい日々の体調管理は大変ですが、免疫力が低下すると口内でもバランスが崩れ、感染症を発症することも。

虫歯の原因菌で口内がネバついたり、歯周病にも病毒性があって、いろんな病気の原因になることがわかり、口腔ケアの重要性が認識されてきました。

安全で優れた殺菌効果の口腔ケア製品

20171018_oral1.jpg

オーラルピース クリーン&モイスチュア 内容量 80g :価格 1,296円(税込)

オーラルピース」は、飲み込んでも安全な天然成分でありながら、口腔内のトラブルの原因になる細菌に優れた殺菌作用がある「ネオナイシン®*」を配合した口腔ケア製品です。

「ネオナイシン®*」は、乳酸菌研究の第一人者、九州大学大学院農学研究院生命機能科学部門の園元謙二教授が発見しました。おからの中にいる乳酸菌が生産する大量の抗菌ペプチド(たんぱく質)「ナイシンA」を10年間の研究を経て、バイオベンチャーが高純度に抽出する技術で開発したものだそう。

唯一の弱点は、口腔カンジダの真菌(酵母)に対して、効きにくいというところだけでした。口腔カンジダとは、舌にできる白いカビの仲間の総称のこと。唾液の分泌が低下していたり、義歯が清潔でない場合にも注意が必要です。

リニューアル商品「オーラルピース クリーン&モイスチュア」では、その弱点を克服し、ほぼすべての口腔内のトラブルの元になる原因菌に対応できる「ネオナイシン-e」(特許出願中)が配合されています。

抗菌効果の秘密はダマスクローズ

7月28日、横浜市開港記念会館で行われた「ネオナイシン-e」の研究成果発表では、世界初の発明として多くの注目を浴びたそう。新たな商品開発も九州大学大学院農学研究院との産学連携で行われました。カギとなったのは「ダマスクローズ精油」です。

今までにも、ダマスクローズ精油には抗菌作用があることが知られていたものの、微量ではほとんど効果が見られませんでした。ところが、天然物質の選定試験を行った結果、ナイシンとの相乗効果があったそう。

植物性乳酸菌がつくる天然の抗菌ペプチド(たんぱく質)「ナイシンA」と、微量の「ダマスクローズ精油」を独自の配合比で組み合わせた天然の抗菌剤「ネオナイシン-e」が、口腔カンジダ症を引き起こす真菌(酵母)に強い抗菌効果を示すことが確認され、実用化されたのです。

「ネオナイシン-e」の特徴は

・カンジダや虫歯菌、歯周病菌に対する優れた抗菌活性があること

・飲み込んでも安心な天然由来としての安全性があること

・優れた生分解性があるので分解後はアミノ酸に変わり環境や人にも優しいこと

の3点。アウトドアや、水があまり使えない災害時にも使えます。

歯みがきという、日常的なものに化学成分が入っていては、不安があります。子どもから、高齢者、病気の方々、障がい者の方などすべての人が安心して使える口腔ケアジェル。さらに、生分解性の高さで環境にも有効。そんな「ネオナイシン-e」が配合された「オーラルピース クリーン&モイスチュア」です。

オーラルピース

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ