MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. 名ソムリエが教える、冷蔵庫を活用してワインをおいしく飲む方法

名ソムリエが教える、冷蔵庫を活用してワインをおいしく飲む方法

名ソムリエが教える、冷蔵庫を活用してワインをおいしく飲む方法

ワインに適した温度は? と聞かれれば、白は冷やして、赤は室温で、とたいていの人が答えるでしょう。とはいっても、土地や季節によって、室温にもかなりの差があります。ワインでいう室温って、いったい何度? と悩んでしまうことも。

ワインによって異なる適温を冷蔵庫で調節

フランスのコミュニティーサイト「Lintern@ute」に掲載されたホテル・リッツの元ソムリエ・チーフJean-Michel Deluc(ジャン=ミシェル・ドゥリュック)の言葉によれば、ワインの温度調整に一番役立つのは、冷蔵庫なのだそう。赤ワインを冷蔵庫に入れるのはつい邪道に思いがちですが、同氏によれば、白に限らず赤でも「冷蔵庫は使いよう」。ただし、忘れてはならないコツは、冷蔵庫のどの場所で、どのくらいの時間冷やすかだそうです。

まず頭に置いてほしいのは、甘口のワインは6-8度白ワインとロゼは10-12度軽めの赤ワインは15-16度グラン・ヴァンと呼ばれる長期熟成に耐えうる赤ワインは18度で供せられるべきということです。

(「Lintern@ute」より翻訳引用)

同氏がレクチャーする、温度が低いものから順に置くべき冷蔵庫の場所と時間を要約すると次の通り。

・一番冷やすべき甘めのワインや発泡酒は、冷蔵庫上部に2時間。

・辛口の白ワインとロゼは、冷蔵庫下部に2時間。

・軽めの赤ワインは、冷蔵庫のドアに30分。

・年季を経た値打ちワインは、冷蔵庫のドアに15分。

これを読み、なるほど! と思い出したのが、マレーシアの友人宅でいただいたディナーです。ごちそうとともに振る舞われた赤ワインは、冷蔵庫でいくぶん冷やしたものでしたが、意外にスッキリ飲みやすく驚いたことがありました。常夏の国マレーシアでもひときわ暑い時期でしたから、今から思えば、冷蔵庫で冷やされて、ちょうどその赤ワインの適温になっていたのかもしれません。

そしてドキッとしたのは、発泡酒も白ワインも冷蔵庫に入れるのは2時間だけという部分。いつもホームパーティーでは、シャンパーニュはテーブルセッティングや料理に取りかかる前、かなり早い時間から冷蔵庫に入れていたような気がします。ということは、おそらく、いや確実に冷やし過ぎていた......確かに、せっかくのフルーティな香りも冷やし過ぎでは台無しですから、次回からは気を付けなくてはと反省した次第です。

また、冷蔵庫は栓を開けた後のワインの保管場所としてもおすすめだそうです。

開栓したワインは室温には置かないこと。たとえ赤ワインでも冷蔵庫に入れてください。その方が味が長持ちします。飲むときに、適温に戻せばいいのです。

(「Lintern@ute」より翻訳引用)

同氏によれば、開栓して24時間以上経ったワインはどうしても味が落ちてしまうそうですから、開けたワインはその場で飲み終えるのが一番、と覚えておくのが良いかもしれません。

Lintern@ute

image via shutterstock

Writing by冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実はタマゴはまるごと食べたほうがよい理由

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    4. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    9. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    名ソムリエが教える、冷蔵庫を活用してワインをおいしく飲む方法

    FBからも最新情報をお届けします。