1. Home
  2. MIND
  3. LINEでいつもと違うキャラを見せる? #コミュニケーション術のネタ帳

LINEでいつもと違うキャラを見せる? #コミュニケーション術のネタ帳

コミュニケーション術のネタ帳

TETUYA

LINEでいつもと違うキャラを見せる? #コミュニケーション術のネタ帳

こんにちは、TETUYAです。今回使えるコミュニケーションのネタは、「LINEを使ったギャップ」。正確に言うと、LINEの文章表現を使ったギャップです。「ギャップがある人は素敵です~」なんて言われるように、あくまでいい意味でのギャップを見せることは、コミュニケーションにおいても、すごく武器になることは間違いないですね。今回は、第一印象が、派手とか、陽気とか、フレンドリーとか、気さくな人が使うといいネタを紹介したいと思います。

振り幅がありすぎでしょ!

飲み会で知り合ったB子は、携帯ショップ店員で、短大卒業したてのスーパー明るい女子。正直、そのキャラの濃さから、今までにないジェネレーションギャップを感じてしまったんです。何かと「超~ウケる」「マジキモイ」を連発する子で、改めて、「ウケる」「キモイ」って、どんな感情にでも使える万能ワードだと感心した記憶があります。

そんな、色んな意味で愛すべきB子とひとしきり飲んで、少し疲れ切った僕は、社交辞令を兼ねて、LINEを交換したんです。後日、B子からの来たLINEを見て、あれだけ、二度と会うことはないだろうと人と思ったB子に改めて、興味が沸いてしまった結果に!なぜだと思います?それは、次の内容から。

「TETUYAさん、昨日は、本当に遅くまでありがとうございました。そしてご馳走様でした。色んな話が聞けて、とても勉強になりました。忙しそうなので体だけは気をつけて、お仕事頑張ってくださいね。また、私の知らない色んな話、教えてくださいね。では失礼します。」

何そのギャップ!(驚)

ネタ元=スーパー明るい女子が見せたギャップ

あの見た目印象とは違うB子のLINEでのギャップにやられてしまいました。内容は、いかにも使いそうな、スタンプ、絵文字を一切使わない、礼儀正しい丁寧な文章。これをわかっていてやってるかまでは、読めませんが、計算づくなら末恐ろしい感じです(笑)。今までギャップを相手に見せるためには、まず、自分を俯瞰して分析して、自分のギャップを見つけださなきゃいけないし、それを相手に伝えるためには、会う回数、時間など、色んな意味で、労力がかかってしまうもの。

今回、B子と出会って、日頃から使うLINEで、ギャップを見せることも可能だということに衝撃が走りました。ただ、難しいのは、B子と真逆のタイプで、真面目そうなタイプが、砕けた感じのLINEを送ると、それはそれでひいてしまうかもしれない(苦笑)。

【今日のネタ】陽気で明るいタイプは、"LINEのちょっとした文章"で相手にギャップを与えてみて。今よりもっと興味を持ってもらえるかも!

(イラスト・たなかみさき

>>【コミュニケーション術のネタ帳】をもっと読む

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?