1. Home
  2. EAT
  3. 野菜不足が気になったら駆け込みたい、都内のサラダ専門店5選

野菜不足が気になったら駆け込みたい、都内のサラダ専門店5選

1,875

片岡理森

野菜不足が気になったら駆け込みたい、都内のサラダ専門店5選

健康のためにも野菜はたくさん摂らなくちゃ、と思いながらも、忙しくて外食が続くと乱れてしまう食生活。そんなときに頼りになる、「ここに行けば野菜がたっぷり食べられる」というお店を、マイロハスの記事のなかから集めました。

公園の緑に癒されるウッディなカフェ

1710_salad_01.jpg

駒沢公園の入口に位置する「Mr.FARMER」。動物性のものを一切使わないヴィーガンメニューやグルテンフリーのメニュー、高タンパク低カロリーのアスリート向けのメニューを提供。コールドプレスジュースなども豊富。テイクアウトもできるので、お天気がいい日は公園の芝生でピクニックも楽しそう。>>運動後のしっかり朝ごはん。駒沢公園のヘルシーブレックファースト

欧米のサラダボウルを日本風にアレンジ

1710_salad_02.jpg

地産地消がコンセプトの「WithGreen」。その日の気分や体調にあわせて、こだわり抜いた20種類以上の旬の野菜から自分好みにセレクト。お肉、玄米、そしてドレッシングもすべて選べます。「1日分のまるごとサラダ」「たっぷりパクチーと蒸し鶏のサラダ」など、テイクアウトできるお店のオリジナルメニューも充実。>>とにかく野菜を食べたいなら。神楽坂のサラダボウル専門店へ

手間と愛情を込めて育てた野菜たち

1710_salad_03.jpg

シェフ自身が畑に出て育てた野菜を、最も自然に近く、豊かな味わいを持つ状態でメニューにするという「NOZ BY T.Y.FARM」。青梅の自社農園と、近隣の農家で育てた有機野菜は新鮮そのもので、調味料に頼ることなく、野菜本来のおいしさを味わうことができます。>>シェフも野菜づくりから携わる天王州のファーム直営レストラン

素材と栄養にこだわる頼もしいお店

1710_salad_04.jpg

栄養学や予防医学などの情報提供を通じて、健康で充実した人生を送る人々を応援してくれる、カスタムサラダとヘルシーボウルのお店「GOOD LIFE FACTORY」。野菜だけでなく、酵素玄米やキヌアなどの雑穀と、肉や魚、大豆などのタンパク質もあわせて摂れるサラダは、食事としてちゃんと満足できるボリューム感があってうれしい。>>味、素材、栄養に本気。南青山のサラダボウル専門店

契約農家から届くフレッシュな野菜

1710_salad_05.jpg

暮らしに寄り添うデイリープロダクトを提案するブランド「マークス&ウェブ」が出資したレストラン「GREEN'S GREEN」。旬の野菜がたっぷりと食べられるフードメニューのほか、オリジナルのスムージーやスープなども常備。トルティーヤ生地を使ったスイーツも人気です。>>ここなら安心。あのブランドが出資した野菜のレストラン

ヘルシー志向や食の安全性への注目が高まるとともに、産直のものを使った「Farm to Table」が増えてきています。日常的に野菜を摂りながら、たまにはそんな専門店を訪れるのも、野菜本来の味や、新たな野菜の楽しみ方を知るよい機会になりそう。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた