1. Home
  2. EAT
  3. 色に注目! 秋のフルーツを皮までおいしく食べるレシピ

色に注目! 秋のフルーツを皮までおいしく食べるレシピ

フル―タリアン旬レシピ

福田カレン

色に注目! 秋のフルーツを皮までおいしく食べるレシピ

食欲の秋、秋になると食欲が増すのは当然のこと。人間も哺乳類ですから、食糧の乏しい冬に備えてたくさん食べ、脂肪を蓄えておこうという本能が働くのです。ただ、本能にまかせて食べたいだけ食べるわけにもいきません。そんな時にもフルーツの力を借りてみてください。

秋に旬を迎えるフルーツや野菜はとても彩り豊かで、ボリフェノールやカルテノイドといった抗酸化作用の高い栄養素もたっぷり。こうした栄養素は色素にたくさん存在していますから、ブドウもイチジクも皮をむかずに食べたいところ。今回は、色に注目して旬のフルーツをおいしく食べるレシピをご紹介します。

巨峰と梨のスムージー

20171011_fruit_1.jpg<材料>巨峰(または紫のブドウ) 2カップミカン 小2個洋梨(なければ和梨) 1個ミント(なければパセリ) ひとつかみ<作り方>材料をブレンダーで攪拌する。

巨峰など紫のブドウの皮には渋みがあり、ふだんはむいて食べることが多いかもしれませんが、栄養素は皮にたくさん含まれているため、できれば一緒に食べたいところです。スムージーなら渋みも気にならず、皮までおいしくいただけます。ポリフェノールの他にも、アントシアニンや、長寿遺伝子を活性化させるといわれるレスベラトロールも含まれるブドウは、この季節にぜひ食べたいフルーツです。(出典:NCBI

和梨を合わせてもおいしくできますが、柔らかい洋梨を使うと香り高く、なめらかな口当たりのスムージーになります。

イチジクのデザートマリネ

20171011_fruit_top.jpg<材料>イチジク 1パックバルサミコ酢 大さじ2メープルシロップ お好み量

<作り方>イチジクを食べやすい大きさにカットし、バルサミコ酢、メープルシロップとあえる。

イチジクの皮にも、アントシアニンなどの抗酸化成分が豊富です。ザクロエラグ酸はメラニン色素の生成を抑制し、肌の老化を防ぐ作用もあるといわれています。イチジクには、カルシウムや鉄、ビタミンB群も含まれ、殺菌作用や免疫力アップなど、さまざまな健康効果が期待できます。(出典:The World's Healthiest Foods

イチジクの甘味をそのまま味わいたい時は、バルサミコ酢だけであえても良いですし、ヘルシーなデザートとして食べたい時はメープルシロップを多めにして。またチーズやヨーグルトとあわせるのもおすすめです。このレシピをベースに色々アレンジしてみてくださいね。

>>「フル―タリアン旬レシピ」をもっと読みたい

(写真・文・レシピ:福田カレン)

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー