1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. お風呂あがりの保湿はもういらない?話題のボディウォッシュ「ラメランス」

お風呂あがりの保湿はもういらない?話題のボディウォッシュ「ラメランス」

噂のハイテクコスメ

2,222

蓮 真奈美

お風呂あがりの保湿はもういらない?話題のボディウォッシュ「ラメランス」

注目の成分や新しい技術を搭載し、肌に驚きの効果をもたらすと話題のコスメの実力を検証。今回は、うるおいの根源でもあるラメラ構造に着目して開発された、お風呂あがりに乾かない肌へと導く新ボディウォッシュ「ラメランス」の秘密を探ります。

肌のうるおいの根源「ラメラ」を壊さない新洗浄技術を搭載

「お風呂あがりの保湿がいらない肌に」をキャッチコピーに、SNSでも話題の「ラメランス」は、2017年9月にデビューしたばかりのボディ洗浄料。ボディの乾燥悩みと向き合い、肌にいい洗浄料を研究し続けてきたクラシエホームプロダクツの新作で、世界初(*)の洗浄技術「ラメランス テクノロジー」を搭載。肌のうるおいを守るバリア機能を担う角質層のラメラ構造を壊さずに洗うこの新技術により、お風呂あがりの保湿ケアがなくても、しっとりうるおいのある、乾かない肌に導くのが特徴です。

201710_cosme_item.jpg
ラメランス ボディウォッシュ アクアティックホワイトフローラル(左)、プレシャスローズブーケ(右) 各480mL 各756円(税込・編集部調べ)

商品名の「ラメランス」は、お風呂あがりの肌の乾燥悩みを解決するためには、「ラメラ」の「バランス」を整えるケアが一番重要であるということを表現するために、「ラメラ」「エッセンス」「バランス」を組み合わせて命名されたそうです。

多くの人が求めていた、お風呂あがりのしっとり感を実現

発売の3週間前に「ラメランス」の公式Twitterアカウントを開設し、先行体験リツイートキャンペーンを実施したところ、アカウント開設初日にはフォロワー数が一気に3,000名超えに。肌のうるおいを逃さないという「ラメランス テクノロジー」の関心度が高かったようで、9月末の時点で、フォロワー数は15,000名以上に達しました。そんなTwitterのフォロワーを含めユーザーの声で多いのは、「肌そのものがしっとりする感じ」「今までに感じたことがないしっとり感」「しっかり洗えているのにしっとりしている」「お風呂あがりに焦って保湿ケアをしなくてもよい」という、しっとり感に関するコメント。そのしっとり感に惚れ込んでこのままリピートしたいという人が多いそうです。また、「見えないヴェールに守られている感じ」といった、洗浄しているのにスキンケアをしているような実感をもたらしてくれるという声も多数。発売初月度の出荷が、計画比170%超のスピードで進捗しているという、これからますますのヒットを予感させます。

*:洗浄での皮フへの作用メカニズムにおいて2成分<洗浄成分:ラウロイルアスパラギン酸Na、保湿成分:ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セラミド2、セラミド5>を配合することで、ラメラ構造を壊さずに洗う独自のボディウォッシュ処方(Mintel Japan社データベース内2016年11月クラシエ調べ)

[ラメランス]

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ