1. Home
  2. MIND
  3. 深層心理レベルで分かり合うための3つの会話テク

深層心理レベルで分かり合うための3つの会話テク

運命を変えるマインド革命

3,869

斎藤芳乃

深層心理レベルで分かり合うための3つの会話テク

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。今回は、相手を虜にする会話術の恋愛レッスン編です。誰しも好きな人がいて、その人からよく思われたり、大切にされたりということを望んでいるもの。

でも、「じゃあいったいどうすれば距離感を縮められるの?」というと、なかなか難しいですよね。その理由は、ただ闇雲に会話をしただけでは、自分の意図が伝わらなかったり、恋愛とは別の方向にいってしまうから。そんな悩みを解決するために、深層心理レベルで相手とわかり合うための3つのコツをお伝えさせていただきますね。

1.愛してる(自分視点)よりも、愛しているから、どうできる?

私たちはつい、言葉で「愛している」「好き」と伝えがちですよね。もちろん、その言葉も嬉しいことは嬉しいのですが......。けれど、その愛しているが独りよがりになってしまうと、「言ってるだけだよね?」と思われてしまいます。そんなとき大切なことが、「言葉以上に行動でどうできるか?」と考えてみること。たとえば、好きだと言う前に、相手を気遣って連絡を控えることも愛情かもしれません。闇雲に感情をぶつけるよりも、忙しさを考慮して「もしできることがあったらいってね」と伝えることが先かもしれません。好きだと表現する前に、そっと好きな本を渡してみたり、リラックスできるアロマを紹介してみたり......。愛しているプラス、行動。これにより、言葉に深い愛情が乗り、ただ伝えるよりももっともっと愛が伝わるようになるのです。

2.相手の言葉のレベルにあわせて表現してみて

そして、会話をする際に大切なことが、「言語レベルを合わせる」ということ。たとえ日本語で会話をしていたとしても、「その言葉の背景に何があるのか?」を意識しないと、「噛み合わない」というケースも出てくるんですね。例えば、「紅葉が綺麗だね」と情緒を感じている一方で、「葉っぱが散るからゴミ掃除が大変そう」と言ってしまうと、もうこの会話は「情緒を分かち合いたいのにできない」という悲しみにしかなりません。同様に、「仕事が大変で」と相手が言っているときに、「大変さを理解して欲しい」という苦しみを差し置いて、「これはこうすればいいよ」とアドバイスをしてしまうと、相手は拒絶されたように感じてしまいます。

「その会話を、どんな気持ちで言ったのか?」「何を言って欲しいのか?」

ちょっと面倒かも知れませんが、ただ言葉を言葉として捉えるのではなく、その裏の気持ちを察してあげることで、配慮というあなたの深い愛が伝わるようになります。

3.相手のすべてを慈しむ。心からの尊敬と尊重を

たとえば、話していて、「どうしてそう思うの?」「でもそれは違う」と思うこともあると思うのです。

相手が好きだからこそ、「それをしてほしくない」。相手が好きだからこそ、「私のためにこうしてほしい」。

理性のある大人であったとしても、喉もとまで出かかることもあると思うんですね。

そんなとき、それでもなお、すぐにその言葉を言ってしまわず、相手のその気持ちや在り方、したいという意志を、尊重するようにしてみてください。もちろん、心に「こうしたほうがいいのになあ」という感覚は残ると思います。

でも、それでも、今目の前にいる相手は、それをしたいと思っている。否定は、どんなものでも「拒絶された」という孤独感を生み出します。だからこそ、「丸ごと」相手を受け止めてあげてくださいね。たかが言葉ですが、言葉ひとつで愛を深めることもできるもの。好きって伝えたい、そこをぐっとこらえて、あなたの愛情を会話で広げてみてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー