1. Home
  2. STYLE
  3. ここは北欧!? 豊富な湧き水と発酵食のまち、滋賀県・高島市へ

ここは北欧!? 豊富な湧き水と発酵食のまち、滋賀県・高島市へ

旅するデザイナーの冒険の書

2,148

rumi

ここは北欧!? 豊富な湧き水と発酵食のまち、滋賀県・高島市へ

以前、仕事で大変お世話になった方が、滋賀県高島市に移住しました。時おり手紙のようにメールで送られてくる写真はまるで北欧のように水が美しい景色と、色鮮やかで豊かな「食」の写真たち! 実は高島市の存在を知ったのはお世話になった方の移住がきっかけ。写真を見てぜひ一度訪れてみたいとずっと気になっていたのですが、その後たまたま仕事で高島市に訪れる機会があり、念願の景色と「食」を体感することができました。

20171005_takasima1.jpg

高島市は琵琶湖北西に位置する市。百貨店「髙島屋」の創業者の出身地ということから「髙島屋」の名が付けられているのは市内では有名な話。そんな高島市は湧き水が豊富で、古くから発酵食文化が育まれてきました。高島市は年間を通じて湿度が高く、昔から発酵に適した風土と気候であったと言われています。市内には日本酒や醤油、味噌の醸造元があり、鮒鮨や漬物など、発酵の食の知恵が代々家庭で受け継がれていて、地域全体が「発酵のまち」となっているのです。

20171005_takasima2.jpg

この地域では生活に欠かせない「秋葉の湧き水」。安曇川沿いの小さな集落にあり、みんな水を汲みにやってきます。

20171005_takasima3.jpg

北欧のような水辺のグラデーション。奥にはその昔使われていた船の桟橋の跡が。

20171005_takasima4.jpg

目を疑う美しさ! 満足しきれなくて何枚も写真を撮ってしまいます。

20171005_takassima4.jpg

お世話になったお家でいただいたご飯は、地元で採れた野菜や琵琶鱒などを使った発酵の知恵が活かされたものばかり!

20171005takasima5.jpg

高島市ではお米も作っています。春先に水を張ったばかりの田んぼは絵のように美しい。(Photo Toshiaki Hirai)

20171005_takasima6.jpg

高島市に住むフードコーディネーターさんが作った発酵料理の御節。(Photo Toshiaki Hirai)

20171005_takasima7.jpg

集落での味噌作り。地域一体となって味噌作りをするところも少なくありません。(Photo Toshiaki Hirai)

高島市の針江区には湧き水が多く、地域住民は生水(しょうず)と呼び、昔から大切に利用してきたそう。集落の中を巡る水路や、湧き水を生活用水として利用した川端(かばた)と呼ばれるあまり聞きなれないシステムが各家にあります。ほとんどの川端は家の敷地内にあるため、琵琶湖周辺の豊かな自然や水辺の暮らしを見学できる「かばた見学ツアー」に参加してきました。

20171005_takasima8.jpg

家と家の間を美しい水路がたくさん! たまに鯉が優雅に泳いでいることも。

20171005_takasima9.jpg

これが川端! 各家庭の庭先にこういった小屋のようなものの中にあることが多い。形はそれぞれの家によって異なります。

20171005_takasima10.jpg

湧き水を利用し、ここで野菜や果物を冷やしたり洗ったり。使用した食器を洗う場合は、残飯が泳いでいる鯉の餌になるそう。なんて素晴らしいシステム!

自然と共存するという生活が高島市にはありました。琵琶湖の恵みを活かした生活が根付いている高島市は食だけでなく水の文化、美しい景色、地域の人との触れ合いなどを求めて、今では日本中、海外より多くの人々が訪れています。

高島の食と人]

>>【旅するデザイナーの冒険の書】をもっと読む>>旅するデザイナー冒険の書プロローグ

    Ranking

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 気持ちよ〜く伸びてぽかぽか。冷え性にも効く「椅子ヨガ」3選

    8. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    2. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    6. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    7. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    8. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    9. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    3. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    4. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    7. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】焼き芋とポップコーン、便秘解消にいいおやつはどっち?

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら