1. Home
  2. STYLE
  3. つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

1,132

植村美智子

つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。やっと、本格的に秋服を楽しめる気候になってきました。今回は、つい手が伸びる「黒」についてのお話です。

カジュアルにもモードにもコンサバにも、どんなテイストにも持っていきやすい便利な黒。何を隠そうわたしも、黒が大好きです。暑い季節も寒い季節も黒が好きです。この原稿を書いている今も、黒のクルーネックのニットを着ています。

黒のアイテムをたくさん持っている人の中には、特に好きというわけでもないけれど、ついつい黒ばかりを選んでしまう...... という人も多いようです。黒を、「とりあえず、選んでおけば大丈夫」な、無難な色として考えているかもしれませんが、残念なことに、黒は、「とりあえず着ておけば、それなりにおしゃれに見える色」ではありません。ちゃんと計算をし着こなさなければ、黒はただの重い色となってしまいます。

大人の黒は、ツヤ感のある素材を選ぶ

まず、考えるべきは、素材。大人の女性には、いわゆる"ツヤ感"が必須。シルクやサテンなどわかりやすく光沢のある素材もいいですが、その素材の黒は、1歩間違うとマダム感が強く出てしまうかもしれません。これからの季節であれば、光を吸収しツヤ感を生む、温かみのある素材をうまく使っていきたいところ。トップスであれば、今年たくさん出ているベロア、アンゴラやカシミアのニットなんていいですよね。

ツヤ感のないアイテムを着こなすのであれば、アクセサリーで補います。毎回のことながら、おすすめは、大人の味方パール。ピアスやイヤリング、ネックレスを上手く使ってください。

黒に合う色は? 今年らしく着こなすには甘めの茶色を

次に色合わせ。黒は何色とでも合うと言えばそうかもしれませんが、黒は、どんな色も強い色に変えてしまう色でもあります。ビビットなカラーを合わせると、その色がさらにパワーを増し、全体の雰囲気はより強くなります。ピリッとエッジィな着こなしを楽しむのも素敵ですが、それなりの着こなし力が必要になります。大人の女性に馴染みやすい、リラックス感あるコーディネートを作るなら、優しい色を合わせバランスを整えましょう。今年らしく着こなすのであれば、オレンジがかったベージュや、ピンクがかったブラウンなど、甘めの茶系がおすすめ。可愛気のある、大人のこなれ感を出してくれるはずです。

もちろん、モノトーンでまとめるのも◎。モノトーンでまとめた上で、マスタードのスウェードパンプス、ボルドーのショルダーバッグ、多色ビーズの大振りピアスなど、今年らしいカラフルな小物をプラスするのもいいですよ。

黒は、あくまでも女らしくフェミニンに着こなす

決してハードにまとめてはいけません。ライダースやショートブーツなど、強い印象の表皮革のアイテムを取り入れるなら、とろみブラウスやフレアスカート、ワンピースなど、必ずどこかにフェミニンなアイテムをプラスし、大人の女性が着こなしやすいスタイルに仕上げるのがポイントです。

最後にやはりメイクも重要! 黒の強さに馴染むメイクを心がけて、今年らしく黒を着こなしてくださいね。

>>「Enjoy Fashion!」をもっと読みたい

イラスト・米山夏子

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    10. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら