MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. STYLE
  3. つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。やっと、本格的に秋服を楽しめる気候になってきました。今回は、つい手が伸びる「黒」についてのお話です。

カジュアルにもモードにもコンサバにも、どんなテイストにも持っていきやすい便利な黒。何を隠そうわたしも、黒が大好きです。暑い季節も寒い季節も黒が好きです。この原稿を書いている今も、黒のクルーネックのニットを着ています。

黒のアイテムをたくさん持っている人の中には、特に好きというわけでもないけれど、ついつい黒ばかりを選んでしまう...... という人も多いようです。黒を、「とりあえず、選んでおけば大丈夫」な、無難な色として考えているかもしれませんが、残念なことに、黒は、「とりあえず着ておけば、それなりにおしゃれに見える色」ではありません。ちゃんと計算をし着こなさなければ、黒はただの重い色となってしまいます。

大人の黒は、ツヤ感のある素材を選ぶ

まず、考えるべきは、素材。大人の女性には、いわゆる"ツヤ感"が必須。シルクやサテンなどわかりやすく光沢のある素材もいいですが、その素材の黒は、1歩間違うとマダム感が強く出てしまうかもしれません。これからの季節であれば、光を吸収しツヤ感を生む、温かみのある素材をうまく使っていきたいところ。トップスであれば、今年たくさん出ているベロア、アンゴラやカシミアのニットなんていいですよね。

ツヤ感のないアイテムを着こなすのであれば、アクセサリーで補います。毎回のことながら、おすすめは、大人の味方パール。ピアスやイヤリング、ネックレスを上手く使ってください。

黒に合う色は? 今年らしく着こなすには甘めの茶色を

次に色合わせ。黒は何色とでも合うと言えばそうかもしれませんが、黒は、どんな色も強い色に変えてしまう色でもあります。ビビットなカラーを合わせると、その色がさらにパワーを増し、全体の雰囲気はより強くなります。ピリッとエッジィな着こなしを楽しむのも素敵ですが、それなりの着こなし力が必要になります。大人の女性に馴染みやすい、リラックス感あるコーディネートを作るなら、優しい色を合わせバランスを整えましょう。今年らしく着こなすのであれば、オレンジがかったベージュや、ピンクがかったブラウンなど、甘めの茶系がおすすめ。可愛気のある、大人のこなれ感を出してくれるはずです。

もちろん、モノトーンでまとめるのも◎。モノトーンでまとめた上で、マスタードのスウェードパンプス、ボルドーのショルダーバッグ、多色ビーズの大振りピアスなど、今年らしいカラフルな小物をプラスするのもいいですよ。

黒は、あくまでも女らしくフェミニンに着こなす

決してハードにまとめてはいけません。ライダースやショートブーツなど、強い印象の表皮革のアイテムを取り入れるなら、とろみブラウスやフレアスカート、ワンピースなど、必ずどこかにフェミニンなアイテムをプラスし、大人の女性が着こなしやすいスタイルに仕上げるのがポイントです。

最後にやはりメイクも重要! 黒の強さに馴染むメイクを心がけて、今年らしく黒を着こなしてくださいね。

>>「Enjoy Fashion!」をもっと読みたい

イラスト・米山夏子

Writing by植村美智子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    2. 低糖質・高タンパクな簡単おかず。レモンペッパーチキンの作り方

    3. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    4. 今日で私、71歳になりました【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    6. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    7. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    8. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 腰痛、いびきなど悩み別カラダによい寝方

    1. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    8. 低糖質・高タンパクな簡単おかず。レモンペッパーチキンの作り方

    9. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    10. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    9. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

    FBからも最新情報をお届けします。