1. Home
  2. STYLE
  3. つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

つい黒ばかり着てしまう人へ、今年らしい黒の着こなし方【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。やっと、本格的に秋服を楽しめる気候になってきました。今回は、つい手が伸びる「黒」についてのお話です。

カジュアルにもモードにもコンサバにも、どんなテイストにも持っていきやすい便利な黒。何を隠そうわたしも、黒が大好きです。暑い季節も寒い季節も黒が好きです。この原稿を書いている今も、黒のクルーネックのニットを着ています。

黒のアイテムをたくさん持っている人の中には、特に好きというわけでもないけれど、ついつい黒ばかりを選んでしまう...... という人も多いようです。黒を、「とりあえず、選んでおけば大丈夫」な、無難な色として考えているかもしれませんが、残念なことに、黒は、「とりあえず着ておけば、それなりにおしゃれに見える色」ではありません。ちゃんと計算をし着こなさなければ、黒はただの重い色となってしまいます。

大人の黒は、ツヤ感のある素材を選ぶ

まず、考えるべきは、素材。大人の女性には、いわゆる"ツヤ感"が必須。シルクやサテンなどわかりやすく光沢のある素材もいいですが、その素材の黒は、1歩間違うとマダム感が強く出てしまうかもしれません。これからの季節であれば、光を吸収しツヤ感を生む、温かみのある素材をうまく使っていきたいところ。トップスであれば、今年たくさん出ているベロア、アンゴラやカシミアのニットなんていいですよね。

ツヤ感のないアイテムを着こなすのであれば、アクセサリーで補います。毎回のことながら、おすすめは、大人の味方パール。ピアスやイヤリング、ネックレスを上手く使ってください。

黒に合う色は? 今年らしく着こなすには甘めの茶色を

次に色合わせ。黒は何色とでも合うと言えばそうかもしれませんが、黒は、どんな色も強い色に変えてしまう色でもあります。ビビットなカラーを合わせると、その色がさらにパワーを増し、全体の雰囲気はより強くなります。ピリッとエッジィな着こなしを楽しむのも素敵ですが、それなりの着こなし力が必要になります。大人の女性に馴染みやすい、リラックス感あるコーディネートを作るなら、優しい色を合わせバランスを整えましょう。今年らしく着こなすのであれば、オレンジがかったベージュや、ピンクがかったブラウンなど、甘めの茶系がおすすめ。可愛気のある、大人のこなれ感を出してくれるはずです。

もちろん、モノトーンでまとめるのも◎。モノトーンでまとめた上で、マスタードのスウェードパンプス、ボルドーのショルダーバッグ、多色ビーズの大振りピアスなど、今年らしいカラフルな小物をプラスするのもいいですよ。

黒は、あくまでも女らしくフェミニンに着こなす

決してハードにまとめてはいけません。ライダースやショートブーツなど、強い印象の表皮革のアイテムを取り入れるなら、とろみブラウスやフレアスカート、ワンピースなど、必ずどこかにフェミニンなアイテムをプラスし、大人の女性が着こなしやすいスタイルに仕上げるのがポイントです。

最後にやはりメイクも重要! 黒の強さに馴染むメイクを心がけて、今年らしく黒を着こなしてくださいね。

>>「Enjoy Fashion!」をもっと読みたい

イラスト・米山夏子

植村美智子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

    2. 心理学を活用。ネガティブな感情を分析すると、自己肯定感が上がるワケ

    3. 医師に聞く、脂肪や糖の吸収をカットできる3つの食品

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. むくみ解消にお役立ち! カリウムをバナナよりも多く含む食品

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできない人の深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン