1. Home
  2. MIND
  3. 人生をもっと自由に!私を「スタイリング」する方法

人生をもっと自由に!私を「スタイリング」する方法

運命を変えるマインド革命

1,333

斎藤芳乃

人生をもっと自由に!私を「スタイリング」する方法

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。毎日生きていると、当たり前なんですが、よくもわるくも「自分スタイル」が決まってしまうもの。いつも優等生で、いつも姉御肌で、いつもしっかりもので、いつも真面目で......でも、こんなふうに自分スタイルに固執してしまうと、人間つきあいも行動範囲も決まってしまい、「その先の幸せ」という変化を起こせなくなってしまうもの。

こんな時は、心理学を取り入れながら、無理せず「新しい自分」を見つけてみると効果的です。今日は、さらにすてきなあなたになるための3つのステップをお伝えさせていただきますね。

ライトさを取り入れて!軽やかに「女」を演じる

まず、多くの人が苦手とするのが、「違う自分に慣れる」こと。たとえば、真面目に生きている人は、「あんなぶりっこして......」と、要領よく生きている人が苦手になってしまうかもしれません。その反対に、緩やかに穏やかに生きている人は、バリバリ風を切って働いている人が少し怖いかもしれません。このように、人は自分が持たない資質に関して、苦手意識を抱く傾向が高いのです。しかし、こうした苦手を苦手として終わらせず、「軽く数分だけ演じて」取り入れてみてください。たとえば、たったひとこと、「ありがとう!」とにっこり笑って首をかしげ、御礼を言うだけでもいいのです。背筋を伸ばし、パンツルックで颯爽と歩く......だけでもいいのです。

こうして苦手意識を抱いていることを、気軽に取り入れていく。こうすることで、「あれ、自分にもこんなことできるんだ!」と、脳に新しい回路が作られるんですね。すると、普段のあなたも魅力的、プラス、新しい魅力のあなたを作り上げることができます。

「好き」で相手を魅了する。日常に愛のエッセンスを加えて

ついつい真面目になってしまうと、一番大切なのに忘れがちなのが「好き」ということ。自分の役割、やらなければならないことが優先順位で上になってしまうと、タスクや効果ばかりで「好き」を忘れることが多いのです。こんなときは、あえて、そのうえに「好き」を乗せてみましょう。

この仕事をこうするのが好き! このデザインが好き! こういう接し方が好き! あなたが好き!

ほんの少しのエッセンスですが、好きを取り戻すことで、ただのタスクに「あなたらしさ」が加わり、さらに、あなたの好きでかかわる人も魅了されるようになるのです。個性は最大の輝き。新しい躍動的なあなたらしさが加わります。

仮想人格で、新しい環境に飛び込んで!

そして最後に、こうした新しい人格を作り上げたうえで、さらに、「今まで見たことがなかった素敵な私だったら、どんな人生を作り上げたい?」と自問してみましょう。もっと女性らしく、もっと人を魅了できる、魅力的なあなたであったら......もしかしたら、もっともっと外に出て人と会いたいかもしれませんし、美術館などで芸術性を深めたいかもしれません。こうして自分のやりたいこと、してみたいことを想定したら、「その場所にあった自分の人格」を作り上げてみます。

人格を作るって難しいように思えますが、実は簡単!「普段の私」ではなく、「その場の私」を作り上げればいいんですね。たとえば、夜、おしゃれなバーに行く......そんなときは、普段よりももっとドレッシーで、髪をかきあげ、しなやかなあなたかもしれません。新しいスポーツのコミュニティに入ったら、快活で明るく、いっつもニコニコしているスポーティなあなたかもしれません。このように、場所にあわせて私を作る。そして、そこで人とかかわることで、「新しい自分で新しい人間関係を創る」ことが簡単にできます。人生を変えるって、実は難しいようでとても簡単なこと。こうしてポイントを押さえて、今日、もっともっと魅力的なあなたを見つけてみてくださいね!

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー