1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 週一のヘアデトックスですっきり! 「ストリッピング・シャンプー」のススメ

週一のヘアデトックスですっきり! 「ストリッピング・シャンプー」のススメ

1,225

キュンメルめぐみ

週一のヘアデトックスですっきり! 「ストリッピング・シャンプー」のススメ

ここ最近、海外のネットでヒット数の多い検索ワードがあります。それが「stripping shampoo(ストリッピング シャンプー)」という文字。美意識の高い日本人女子ならばもうお馴染みの「デトックス・シャンプー」を意味するものです。

頭皮だって、体の一部

地肌に残るヘアケア製品や環境の汚れ(ほこり等)また皮脂よごれは、脱毛の原因になるだけでなく薄毛にもつながるといわれています。そして頭皮と毛穴をきちんと掃除(=ストリッピング)、元の健康な状態にもどしてくれるのに重要な役割を担うのがデトックスシャンプーです。

長い髪の毛の人は指通りをよくするためにスプレーをよく使うかもしれませんし、短い髪の毛の人もムースやジェル、ワックスでスタイリングするかもしれませんね。あるいはスポーツジムに体を動かしに行く際、スイミングが好きな人はとくに、プールの水に含まれる汚れやケミカルなどが気になったりしませんか。通常のシャンプーやコンディショナーの残りでさえ長いことかけて汚れとして蓄積するといわれ、毛穴を痛める原因になってしまうのだとか。

ヘアエキスパートの話では専用のシャンプーかもしくは専用のコンディショナーを購入し、週一でケアを行うのがよいそう。髪の毛は従来のしなやかさ・強さ、キューティクルを取り戻されるのだそうですよ。

たとえばおすすめなのがこちらの2点。

REDKEN ヘアケアクリームシャンプー

現在筆者が愛用中のレッドケンのシャンプー。洗っているときのクリーミーな泡が気持ちいい。洗髪後のシャキシャキ感、髪の毛がキュキュッと音を立てるのも最高。レッドケン・ヘアトリートメントも併せて使用するとヘアサロン帰りのような髪質に。

ACURE クレンジングシャンプー

ドイツでもファンが多い、パッケージもかわいらしいACUREのオーガニックシャンプー。他にもミントやオレンジなど、バスタイムが充実しそうな香りで女子力もアップ。

キーワードは「stripping」「clarifying」。あなただけのシャンプーをぜひ見つけてみてはいかがでしょうか。

REDKEN,ACURE

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由