1. Home
  2. MIND
  3. 心が満ちる魔法の言葉、スウェーデンの人たちが提唱する「ラゴム」とは?

心が満ちる魔法の言葉、スウェーデンの人たちが提唱する「ラゴム」とは?

6,227

キュンメルめぐみ

心が満ちる魔法の言葉、スウェーデンの人たちが提唱する「ラゴム」とは?

夏にスカンジナビアを4週間かけて旅行してきた友人が、いろんな体験談を聞かせてくれました。なかでも特に、人々のおおらかさや、ゆったりとした考え方物事のとらえ方に感激。それは、スウェーデン語で「ラゴム(Lagom)」というのだそうです。

「ラゴム」は、自分にちょうどよいバランスの実践

日本語でいうと「これがちょうどよい」というような意味。または「多すぎず、少なからず」、あるいは「中庸」ともとらえられることができるようです。この単語はスカンジナビアを旅するとよく耳にする言葉だそうで、デンマーク語の「ヒュッゲ(hygge)」にも似ています。人々が大事にしている考え方や生活習慣、たとえば、多くを求めすぎたり、人と比べるような愚かなことはせず、いい意味で「脱力」、ときには「ポジティブにあきらめる」ことの大切さと気持ちよさを教えてくれます。

仕事だって、人間関係だって、物事にはバランスがあり、自分が気持ちよいと感じるところをアクティブに見つけ、感じ取り、そして線引きをする。ものすごいセレブでなくても、ほどほど働き、家族を大切にし、みんなが健康で幸せでいる。この「ほどほど感」や「やっぱり普通が一番」的な物事のとらえ方を実践することは、自分が物事の決定権を持つことを意味します。すると、まわりに振り回されることがなくなるから、心が満ち足りてくる。「ラゴム」の目的は、幸せの決定権は自分にあることを気づかせてくれることです。

メンタルの強さとは、物事に固執しないおおらかさ

「ラゴム」はある意味「オープンマインド」であることとも言えます。自分にやさしく正直な人は、まわりの人にも総じてやさしく正直であるものですが、何事にも固執しない生き方というのは、実際はとても難しいこと。心理学を扱うサイト「Psychology Today」の中で著者は、自分が正しいと思うことが間違っていて、間違っていると思っていることが正しいということは世の中によくある、と主張。オープンマインドであることで、一つのことに固執することから逃れられるだけでなく、それに伴う数々の問題を避けることができ、楽に幸せに生きていけると説いています。

2017年は、この「ラゴム」をテーマとした書籍が続々登場。ヨーロッパではちょっとしたブームになっており、人々はスカンジナビアの人々のライフスタイルから、そのおおらかさへのヒントを学ぼうとしています。なんでも真似をすればいいというわけではないけれど、彼らなりの執着の手放し方、また人生の厳しい場面においても私たちが常に自分を見失わずにいられる方法や、そのための多くのヒントが見つけられるのではないでしょうか。

image via shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?