1. Home
  2. EAT
  3. 炭酸割でシュワっと疲労回復。季節のフルーツビネガーの作り方

炭酸割でシュワっと疲労回復。季節のフルーツビネガーの作り方

ヘルシーに!楽しく食べる

1,308

知恵子

炭酸割でシュワっと疲労回復。季節のフルーツビネガーの作り方

運動習慣をつけるには、気持ちよく体を動かしたあと、その疲れを持ち越さないことも重要なポイント。せっかくの運動も疲れがたまっていき続けられなくなっては本末転倒。そこで疲労回復に効果的で、気分転換にもなる「お酢」を上手に活用してみませんか?

疲労回復だけじゃないお酢の健康効果

スポーツ後の疲労の原因は、おもに体内のエネルギー不足。より効果的に体に補給するにはお酢と糖分を一緒に摂ると良いのだとか。お酢には主成分の酢酸だけでなく、体のエネルギーを作るアミノ酸も含まれています。これはスポーツドリンクにも入っている成分で、疲労回復のお手伝いもしてくれます。また体への作用だけでなく、お酢の爽やかな酸味が口の中に広がることで気分転換にもぴったり。さらに便通の改善効果が期待でき、また毎日お酢を摂りつづけることで、内臓脂肪を減らす働きがあるとの研究結果も出ています。

そんな女性の強い味方と言えるお酢ですが、料理に調味料として使うのがちょっと苦手という人や、酸味を子どもが嫌がるから料理に使えないという人にもおすすめなのが、作り置きして飲めるホームメイドのフルーツビネガー(果実酢)です。

牛乳で割ってもおいしいフルーツビネガーレシピ

そこで、タマノイ酢の管理栄養士 三木梨菜子さんに手軽に作れるフルーツビネガーのレシピを教えてもらいました。

季節のフルーツですぐできる、フルーツビネガー

<材料>・容器・お好みの果物・氷砂糖・酢(りんご酢がおすすめ)仕込む容器の大きさに合わせて、それぞれ果物:氷砂糖:酢=1:1:1の割合で用意する

<作り方>(1)お好みの果物をよく洗い、切ってビンに入れる(2)氷砂糖と酢を入れる(3)氷砂糖が溶ければ完成(1日くらいで完成)※作ったものは、お酢の抗菌作用により、冷蔵庫で約2週間持ちます。

この果実酢は、水やお湯、炭酸水、または牛乳で割っても◎。その場合は、ビネガー15mlに対して、割りたいものを120ml注いでまぜるだけで完成です。とくにお酢はカルシウムの吸収促進させる効果があるので、牛乳と一緒に摂取すれば効果抜群なんだそう。

酢漬けの果物は、スムージーにアレンジ

フルーツビネガーを作った後、取り出した酢漬けの果物は、ビネガースムージーにしてもおいしいそう。普通に食べると酸味が強すぎるキウイもアレンジすればまろやかでおいしくなるそうで、そこでキウイビネガーを使ったスムージーのレシピも教えていただきました。

キウイビネガースムージー

<材料>ビネガー10mlキウイ(酢に漬けたものを活用)1/2 個バナナ1本牛乳100ml

<作り方>(1)フルーツを適度な大きさにカットする(2)すべての材料をミキサーに入れて滑らかになるまで混ぜ合わせて完成<レシピのポイント>

たくさんの果物を使って、ビタミンたっぷり!朝食やリフレッシュしたい時、小腹がすいた時におすすめです。バナナから食物繊維も摂取できるので便通に悩みがある人にも◎。

お酢は、濃いと胃に負担を生じることもあるので、空腹時はさけていたのですが、食欲のない朝一番に食欲増進作用を期待してお酢をいただきたいときもあります。そんなときはバナナや牛乳をたっぷり使っている、このスムージーがマイルドでよさそう。

一度作れば2週間程度と長く楽しめて、いつでも少しずついただけるホームメイドのフルーツビネガー。昔から体に良いとされているお酢を使ったフルーツビネガーならば、手軽に毎日の生活に取り入れられそうです。[タマノイ酢]

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?