1. Home
  2. MIND
  3. 年齢の数え方は「○歳」じゃない? #コミュニケーション術のネタ帳

年齢の数え方は「○歳」じゃない? #コミュニケーション術のネタ帳

コミュニケーション術のネタ帳

年齢の数え方は「○歳」じゃない? #コミュニケーション術のネタ帳

こんにちは、TETUYAです。今回使えるコミュニケーションのネタは、なんでもポジティブに変換するテクニックです。たとえば、ネガティブな出来事が起こったりしたときに落ち込むのは、人間だもの(あいだみつお風)、しょうがないとして(笑)......。そこから短時間で、マイナスの状況をプラスに変換できる人に、コミュニケーション能力が高い人が多い気がします。

最近、会食させてもらったファッション関係のダンディーな男性がいるんですが、そのとき話した内容が面白かったので紹介します。

今日の元ネタ=なんでもポジティブ変換できる男性

その方との会話の中で、女性の年齢の数え方の話になったんです。普通なら、男女問わず、年齢の数え方は、「○歳」ですよね。でも、ダンディー(と呼ばせていただきます)は、女性の年齢を「○カラット」と、ダイヤの単位で表現するのです。

そこには、女性は年を重ねるごとに、より味が出て、魅力的になるというポジティブなロジックがあるので、年齢を重ねること=カラットが増えて輝きを増すということになると言ってました。

「なるほど(笑)」。年を重ねることは一見ネガティブに捉えられる事象ですが、ダンディーのこのネタは、相手を喜ばせるコミュニケーションネタだなと、すごく感心しました(笑)。

どうしても、相手の年齢が気になって、実際、聞くシチュエーションって誰にでもあります。そのときに、「失礼ですけど、今、何歳ですか?」の問いかけに対してのアンサー次第で、一瞬、時が止まって、その場の雰囲気が悪くなることがあります(笑)。これは、聞く側が想定していた年齢と違っていて、どうリアクションしていいか迷ってしまうからです。特に、想定より上だった場合は焦ってしまいますよね(苦笑)。

年齢を聞く場合は、この一瞬の間を作らない、間髪いれずにリアクションすることが大事で、年齢を重ねることをポジティブに変換する、「カラット」の例えは、瞬時に反応できるリアクション芸みたいなもの(笑)。

【今日のネタ】

たとえば、年齢を聞いたときのリアクションで気をつけたいこと

1、一瞬の間を作らないこと

2、年齢の単位は、ダイヤの輝きを表す「カラット」を使う

ある意味、その場に笑いも起こるし、誰も傷つかない。改めて分析すると、奥が深く、上手いたとえだなあと感心しまくりました。

(イラスト・たなかみさき

>>【コミュニケーション術のネタ帳】をもっと読む

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    6. 自分に合う仕事を探していませんか? | 禅僧のおことば 18

    7. ロマンスを進める準備はできてますか? カップルに試してほしいこと<前編>

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

    10. ほっこり体の芯から温まる。うま味引き立つ、具だくさん豚汁

    1. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    5. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    6. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    7. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    10. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    年齢の数え方は「○歳」じゃない? #コミュニケーション術のネタ帳

    FBからも最新情報をお届けします。