1. Home
  2. SPORTS
  3. 体重がどんどん増えていき....。私がからだを鍛えはじめた理由 〜村山和実さんインタビュー 第一弾〜

体重がどんどん増えていき....。私がからだを鍛えはじめた理由 〜村山和実さんインタビュー 第一弾〜

カラダを鍛えよう

1,455

体重がどんどん増えていき....。私がからだを鍛えはじめた理由 〜村山和実さんインタビュー 第一弾〜

はじけるような笑顔が印象的な村山和実さん。2011年にミス・インターナショナル日本代表に輝き、現在はタレントやモデルとして活躍しています。さらに、じつは筋金入りの「アスリート」という一面をお持ち。マラソンやトライアスロンにいそしむだけでなく、トレーナーの資格を生かしてレッスンを担当することも。

「私にとって、鍛えることはライフスタイル」と語る村山さんに、鍛えることの楽しさやスポーツがもたらしてくれる喜びについて教えていただきましょう。

筋金入りのアスリート、村山さんのスポーツ遍歴

201709028_fitness_01.jpg村山さんがスポーツに出会ったのは中学1年生のとき。陸上部に所属し、才能を存分に発揮。「けっこう結果を出すために頑張っちゃうタイプです(笑)」と村山さんは笑います。高校卒業までの約6年間を陸上に捧げました。

「長距離は好きではなかったのですが走ってみたら学年1位になり、短距離では大会新記録も出ちゃって。負けず嫌いな性格もありますが、もともとからだを動かすことは好きだったんだと思います」

中学時代は、「骨と皮しかなかった」とご自身がたとえるほどのやせっぽち。部活帰りにラーメンを3杯、カレーも食べて、家で夕食を食べる。それでも太れなかったのに、「どうも様子が違う」と感じたのが高校時代。162センチで38キロだった体重は、いつしか50キロを越え......

それでもじゅうぶんスリムですが、モデルの仕事をしたいという希望があったため、それまで「好きだった」という理由で続けていた運動の目的は「体型維持のため」に変わっていきます。大学生のときにジムに入会し、ランニングやマシンのほか、陸上部時代に覚えたストレッチをアレンジしてトレーニングを続けました。

こころとからだに"いい変化"がたくさん

"自己流"のトレーニングをしていた村山さんに転機が訪れたのは23歳のとき。ミス・インターナショナル日本代表として世界大会に出場し、グラマラスでメリハリのあるからだをした海外のミスたちに出会ったことで、美しさへの価値観が変わったといいます。それからすぐにパーソナルトレーニングに申し込み、「ボディメイキング」としてのフィットネスを始めました。

「運動は好きでしたし、陸上部での基礎があったので正しいトレーニングができていると思い込んでいました。

でも、実はからだの使い方をわかっていなかったんですね。大きな筋肉は鍛えられていましたが、コアが全然ダメ。トレーナーが作ってくれたメニューをこなせず、初めて運動ができない自分を知りました(笑)。

続けるうちに、体重は変わらなくても体脂肪が減り、『やせたね』と言われることも増えてうれしかったですね」

村山さんにとって、からだを動かすことは楽しくあることが大前提。さらにダイエットやボディメイキングにも効果的で、こころとからだにも"いい変化"をたくさんもたらしてくれるのがトレーニング。

「トレーニングを始めて『疲れにくくなった』という人はとても多いですね。私は疲れたときはあえて家の周りを3周ぐらい走ったりします。そうすると血流がよくなってすっきりするような気がします。走っているときは走ることだけに集中できるので、仕事のストレスも和らぐんです」

さらに、トレーニングすることで「自分を知ることができる」と村山さん。

「ここで終わりにするのも自分次第。もう少し続けるのも自分次第。トレーニングは自分と向き合ういい機会になります。無心で走っていると、机の前に座っているときとは違うアイデアが思い浮かびますし、『あれは私にも非があったな』なんて自分を客観視することもできる。からだを動かすことって、いいことだらけなんです」

フィットネス初心者は何から始めたらいい?

体力づくりやスタイルアップのためにフィットネスを始めたい。でも、気がついたら何年越しの目標になっていた......なんて女性は多いはず。

201709028_fitness_02.jpg

「まずはジムの体験レッスンに行ってみるのもいいですし、ストレッチの本や簡単なエクササイズのDVDを買って自宅でできることから始めてもいいと思います。からだを動かしたい気分の日には筋トレやダンス系、ストレスを感じて疲れている日はヨガなどのストレッチ系などと、自分のなかでチョイスする引き出しをたくさん持っていると続けやすいですよ」

とはいえ、初心者には何をどう始めたらいいかがわかりません。

運動の経験がある方なら、ランニングから始めるのがおすすめ。まったくの初心者の方は、まずヨガかピラティスから始めてはいかがでしょう。ヨガはリラックスしたい、柔軟性を高めたいという方にピッタリ。副交感神経を優位にするので、眠りの質を上げたいという人にもいいですね。からだの機能向上や体力アップをしたいならピラティスを。インナーマッスルを使うので肩こり・腰痛といった不調にも効果的ですし、姿勢もよくなります」

「何がしたい」がわからなければ、「こうなりたい」という目的を考えてみるのも自分にあったトレーニングに出会う近道かもしれません。次回は、せっかく始めたトレーニングを続けるコツについてうかがいます。

>>インタビュー第二弾「運動を続けるためにはどうしたらいいのか」を見る

>>インタビュー第三弾「フィットネスを楽しくするアイテム選び」を見る

201709028_fitness_pro.jpg

村山和実(むらやまなごみ)さん2011年、「ミス・インターナショナル」日本代表として世界大会に出場。現在はモデルのほか、ウォーキングスタイリスト、ウォーキングトレーナーとしても活躍。「姿勢改善」「話し方」「メイク」「カラーコーディネート」など、女性の多方面でサポートしていくトータルビューティーデザイナーでもある。公式サイト

大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    2. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    3. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    6. ランニングと同等のカロリー消費になる、歩き方のコツ6つ

    7. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. ポリフェノールや食物繊維。りんごのダイエットパワー3つ

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. ごっそり髪が抜けた、トイレが近い...早めに検査すべき病気の兆候10

    2. 自信がないお尻が1分で変わる! ゆる関節ストレッチ術

    3. LDLコレステロール値を下げたい! コレステロールを下げる食品&食べ方

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    9. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    10. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    7. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント