1. Home
  2. BODY
  3. 動ける人生を送るキーポイント、「体幹」を鍛える方法とは?

動ける人生を送るキーポイント、「体幹」を鍛える方法とは?

2,276

動ける人生を送るキーポイント、「体幹」を鍛える方法とは?

ヨガやランニング、ジムで機械を使ったトレーニングなど、どんな運動をはじめようとしても聞くのが「体幹を鍛えましょう」というアドバイス。さらには、腰痛になったときにも言われたことがありました。体を動かすことにおいて「体幹」は大事なポイントのようです。

体幹はどこにある?

調べてみると、「体幹」は胴体付近のいくつかの筋肉をまとめた総称なのだそう。

腹直筋:ウエストにある、体を前屈させる筋肉。脊柱起立筋:脊柱の左右に位置する長い筋肉で、ウエストから体を後屈させる。内腹斜筋外腹斜筋:ウエストを包み込む2層の筋肉。筋繊維が斜めに走っており、体のひねりに関連。腹横筋:お腹をへこますときに使う筋肉。重量挙げのベルトのような効果があり、脊柱を安定させる。多裂筋:背骨のひとつひとつをつなぐ筋肉。腰方形筋:腹部の深層にあり、骨盤と脊柱をつなぐ。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

諸説あるようで、お尻や背中の上部などの筋肉も体幹に含まれると考えているトレーナーもいるようです。いずれにせよ、重いものを持ったり、物を拾ったり、扉を押したり、大きく呼吸をするときなど、普段の生活にも不可欠な筋肉ばかり。

体幹の重要性はわかりましたが、こんなにいろんな筋肉を鍛えるのは時間もかかって大変そう。ところが、「正しいフォームで行えば、ほぼすべての全身運動が、ある程度までは体幹を鍛えてくれる」のだとか。

全方向から体幹を鍛えるトレーニング方法

一つひとつの部位に限定したトレーニングをしなくても、大きく機能的な動きをするだけで、体幹は鍛えることができるようです。

・まずは体幹を安定させなければなりません。そのための運動は、良い姿勢でのプランクや腕立て伏せです。1枚の板のように、全身をまっすぐ保ってください。

・バランスが崩れても対応できるように、片方の腕または脚のみを使用する運動も取り入れましょう。デッドバグバードドッグがおすすめです。

・体の片側で体重を支えるため、腕1本または脚1本でトレーニングを行います。たとえば、片腕のみのダンベルロウやダンベルプレスを行うときは、ダンベルを持っている側に倒れないよう、体幹を維持しなければなりません。もっと強度を上げたい人は、ターキッシュ・ゲットアップや、片腕のファーマーズウォークに挑戦してみましょう。

・動くためには、体をひねらなければなりません。定番のトレーニングは、木こりの動きをまねたウッドチョッパーです。斧の代わりにダンベルやケーブルマシンを使用し、木を切り倒すように、体の前で斜めに振り下ろします。もちろん、実際に木を切り倒しても、同様の効果があります。シットアップ(足の甲をひっかけて行う腹筋運動)の代わりに、体をひねるロシアンツイストを行うのもよいでしょう。

・不安定な土台も使ってみましょう。プランクでは通常、腕を床の上に置きますが、メディシンボールバランスボールバランストレーナーに腕を乗せるのです。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

スポーツをしている人や、筋トレに興味がある人だけじゃなく、日常生活にも影響する体幹。いくつになっても、あたりまえのように立ったり座ったり走ったりできるように、いまのうちから意識して強くしていきたいと思いました。

ライフハッカー(日本版)

image via shutterstock

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって