1. Home
  2. SPORTS
  3. 楽しく安全に「ランニングを続けるメソッド」ランコース編

楽しく安全に「ランニングを続けるメソッド」ランコース編

カラダを鍛えよう

1,353

田邉愛理

楽しく安全に「ランニングを続けるメソッド」ランコース編

ランナーの鈴木莉紗さんに聞く「ランニングを続けるメソッド」、最終回は都内のおすすめランコースをご紹介します。ちょっぴりセレブな気分にひたれる、都会の穴場スポットも。夜ランの危険を未然に防ぐ心構えについてもアドバイスをいただきました

suzuki_01.jpg鈴木莉紗さん

SBIアラプロモRC所属。陸上未経験者にも関わらず、走歴1年半の時点でサブスリーを達成。ランニング専門誌『ランナーズ』の表紙モデルを務めたことで注目を集め、その後多くのメディアに登場。現在は加圧トレーナーとして働く傍ら、市民ランナーとして活躍中。フルマラソンのパーソナルベストは2時間39分56秒。著書に『1日10分も走れなかった私がフルマラソンで3時間を切るためにしたこと』『フルマラソンを最後まで歩かずに「完走」できる本 一番やさしい42.195kmの教科書』(ともにカンゼン刊)がある。

走りやすく、利用者も多い「駒沢公園」

路面がきれいに整地されていて、とても走りやすいジョギングコース。距離表示があるので初心者でも目標設定がしやすく、走った距離がわかりやすい。

公園内のトレーニングルームには更衣室、シャワー、ロッカーもあり、多くのランナーが利用しています。木立のあいだを走るので日陰が多く、暑い時期のランニングにも適しています。」(鈴木さん)

周りの施設も充実「代々木公園」

道が平坦で、木々も茂っていて走りやすいコース。東京体育館や、代々木公園陸上競技場(織田フィールド)をランニングステーションのように利用することができます。走ったあとは、富ヶ谷の「八幡湯」をランステ的に使うこともあります。最近はランナー歓迎の銭湯も多いので、チェックしてみてください。

注意点は、夜ランには不向きということ。暗くなるので、女性ランナーがひとりで走るのはおすすめできません。」(鈴木さん)

きれいな都会のオアシス「檜町公園」

「東京ミッドタウンのすぐ傍らにある檜町公園ランニングコースは、都会のオアシスのようでとてもきれい。一周1.3kmで、アップダウンのあるコースです。距離表示もちゃんとあります。

まだ走っている人があまりいないので、ちょっとハイソサエティな気分にひたれます(笑)。」(鈴木さん)

昼は爽やかな緑、夜はライトアップも魅力「皇居」

「スピードを上げて走っているシリアスランナーが多く、道幅が狭くなるところもあるので、初心者にはちょっと走りづらいかもしれません。でも着替え場所もありますし、一周ジャスト5kmで、アップダウンに富んでいるので体力と走力を上げるトレーニングには適しています

半蔵門から下っていくと視界がパーッと開けるところがあって、気分爽快。朝は緑が爽やか、夜はライトアップされて......と、まったく違う顔を見せてくれるのも魅力的です。」(鈴木さん)

鈴木さんによると、初心者が走るなら周回コースがおすすめだそう。直線コースは距離を走ると戻ってくるのに時間がかかりますが、周回コースは走る距離を調整しやすく、自分の体調に合わせて走ることができるのが理由です。

20170926_course1.jpg

大空の下で思いっきり、のびのびと走るランニングは気分爽快。好きな音楽を聞いて自分の世界に没頭しがちですが、常に周囲には気を配り、夜ランでは安全な環境かどうかを見極める冷静さも必要です。

暗くなったら、木々が茂っていたり見通しが悪かったりする場所は、けっしてひとりでは走らないようにしてください。実際に痴漢やストーカー被害も出ています。とにかく暗いところにはいかず、走るなら大通り限定で。そして、イザというときにすぐに対応できるように、イヤホンなどで両耳を塞がないこと。夜は車からも見えにくくなりますから、反射板(リフレクター)を身につけて視認性を高めることも大切です。」(鈴木さん)

ランニングは、人生を変える力のあるスポーツ」と語る鈴木さん。自分が生まれ変わったような充実感を感じながら、楽しく幸せなラン生活をぜひ実践してみてください。

>>「ランニングを続けるメソッド」インタビューはこちら>>「ランニングを続けるメソッド」ランシュー編はこちら>>「ランニングを続けるメソッド」ランウェア編はこちら>>「ランニングを続けるメソッド」ラングッズ編はこちら

top ,music via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析