1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 懐かしい、ため息がでる...「海」の癒やし効果とは

懐かしい、ため息がでる...「海」の癒やし効果とは

田邉愛理

懐かしい、ため息がでる...「海」の癒やし効果とは

久しぶりに海に行ったら、『はあー』って、心の底からため息が出ました。潮の香りを感じただけで、すごく懐かしい感じがして。疲れやストレスもすうっと抜けていった。ああ、私はこんなに海が好きだったんだって、思い出すことができたんです」

そう語るのは、瞑想やイメージワークを取り入れた「海と眠りのヨガ」を主宰する丸尾亜樹さん。海との再会がきっかけで、新しい自分に出会えたという丸尾さんに、「海の魅力」を聞きました。

ネガティブマインドを変えてくれた、海との再会

4歳のころに両親が離婚し、大好きだった父と離れて暮らすことになった丸尾さん。その後、母は再婚。新たに弟も生まれますが、再婚から4年後に母が他界し、養護施設で多感な時代を過ごしました。

大好きな人は、必ず私から離れていく。そんな思い込みを持ってしまい、自分のことが大嫌いになって、なんでもネガティブに捉える癖がありました。自分は何が好きなのかまで、まったくわからなくなってしまって......。 そんなときに、私を変えてくれたふたつの出会いがあったんです」(丸尾さん)

そのひとつが、無趣味な自分を変えたくて37歳から始めたヨガ。初めて自分の体を「意識して動かす」ことを体験します。

201709027_kose_02.jpg

「生まれて初めてというくらい自分の体に注目したら、体じゅうの細胞が喜んでくれた気がしました。もしかして、これが『自分を大切にする』ということなのかなって」(丸尾さん)

そしてもうひとつは、子どものころから親しんできた海との再会。結婚を機に、故郷を離れて東京で暮らすようになった丸尾さん。久しぶりに家族で海に遊びに行ったときに、大切な場所を取り戻した感覚があったといいます。

201709027_kose_01.jpg

私は宮崎の出身で、ずっと海が身近にありました。しばらく海と離れて暮らしたことで、自分にとって特別な場所だと気づけたのかも。ちょうどヨガの指導者養成コースに通っていたので、大好きな場所でたくさんの人にヨガのよさを伝えたいと思うようになりました」(丸尾さん)

五感が目覚める「海と眠りのヨガ」

丸尾さんはその後、瞑想やイメージワークを多く取り入れたリラクゼーションヨガである「海と眠りのヨガ」を考案します。このヨガはリラックスした状態で呼吸をおこない、ゆったりと身体をほぐすことで、五感を通して内面を見つめることを大切にしているのだそう。

主に鎌倉の海辺で開かれる丸尾さんのワークショップは、砂浜にヨガマットやレジャーシートを敷いて寝そべり、海と空を感じることから始まります。

砂浜に寝転ぶと視界いっぱいに広がる青い空と白い雲。

目に映るのはただそれだけ。

201709027_kose_yoga1.jpg背中や足の裏側からは太陽に照らされた砂が含んだ残熱と暖かい大地のエネルギー

201709027_kose_yoga2.jpgじわ〜っと伝わる温もりとじわ〜っと流れ出ていくもの。

心地の良い潮風がほほをなで波の音が優しく響きほのかに潮の香りを感じ自然と呼吸が深くなっていきます。

201709027_kose_yoga3.jpg美しい海に包まれて地球からの愛をダイレクトに感じるただそこに存在する自分を感じてゆきます。

おだやかな丸尾さんの声に引き込まれ、眠りに落ちる直前のようなフワフワとした感覚のなかで、ゆるゆる体を伸ばしていく特別なひととき。どこまでも広がる、青い青い海と空――。こんな解放感、長いあいだ忘れていたような気がします

海が心を癒すのは、なぜ?

自分の体にこんなにも「心地よさ」を感じる力があったのかと、目が覚めるような不思議な体験。丸尾さんは、それこそが海の大きな力だと話してくれました。

五感が刺激されることで、自分の『好き』センサーにスイッチが入る。すると、内側に抱えていた思いに気づくというか、素の自分に近づけるのだと思います。

心と体は連動しているので、体をほぐせば心もほぐれます。体が『心地よさ』を感じることができれば、心も『好き』をどんどん選択できるようになるんです」(丸尾さん)

20170927_kose_yoga3.jpg自分をポジティブにしてくれる、圧倒的な海の力。丸尾さんはスタジオでヨガを教えるときも、波の音を流したり、海のイメージを共有するようにしています。心に海を思い描くだけで、実際に行けなくても癒しの効果が得られるのだそう。

「きっと、多くの人が心のなかに自分だけの思い出の海を持っていて、その記憶がよみがえるのでしょう。都会で生活していると忘れがちだけれど、人間が本来持っている五感を海が取り戻させてくれる。素の状態にリセットする力が、海にはあるのだと思います」(丸尾さん)

すべての命の源は、海

自分の『好き』がわからなくなったら、海に聴いてみるといい――。

きっと、大切なことに気付かせてくれるはず。

素の自分に気付けたり、心のモヤモヤをリセットできたり。人は誰もが、自分だけの特別な海を持っているのではないでしょうか。そんな人々の「思い出の海」を紹介しているのが、「プレディア」の特設サイト「Relaxing Sea

プレディア」は、海由来の成分と、スパの知恵を取り入れたコスメティックブランド。すべての女性が心地よく、美しくなれるスキンケアを追求するなかで、「プレディア」は海にたどりつきました。 生命が約37億年前に誕生した場所でもある海は「すべての命の原点」といわれています。人間の約60%を占める水分と、海水の組成成分が、驚くほど似ているという事実をご存じでしょうか。母親が赤ちゃんを大切に育む、おなかのなかの羊水もそう。人間が海から生まれ、守られてきたという歴史は、いまも私たちの体に息づいています。

そこで「プレディア」は、生体にもっとも適したミネラルバランスを持つ海に注目。ヨーロッパで古くから愛されてきたスパのメソッドや、独自の皮膚科学を融合させて、唯一無二のメソッドを生み出しました。

海を感じる「海の恵みギフト」をプレゼント

いま「Relaxing Sea」では、さまざまな人にとっての「この夏出会ったやすらぎの海」をご紹介しています。初めて訪れたのに懐かしさをおぼえた海、何度も通って元気をもらっている海、大切な人との記憶に寄り添う海......、写真とコメントからはそれぞれの思いとともに、波の音や心地よい潮風が伝わってくるかのようです。 みなさんも、自分にとっての思い出の海を投稿してみませんか。今なら、投稿した人のなかから抽選で、「海の恵みギフト」が当たる、「"やすらぎの海"投稿キャンペーン」も実施中。沖縄旅行&スパ券や、プレディアのアイテム詰め合わせなど、海を感じられるギフトが当たります。

あわただしい日常に翻弄され、自分が取り戻せなくなったときは、「プレディア」のやすらぎの海をぜひ思い出して。まっさらにリセットされた自分が、きっと新しい『好き』を連れてきてくれるはずです。

特設サイトはこちら>>

201709027_kose_pro_01.jpg丸尾亜樹さん

瞑想やイメージワークを多く取り入れたリラクゼーションヨガ「海と眠りのヨガ」を主宰。海のように自分を愛し浄化し、自分本来の「らしさ」を取り戻せるワークショップが支持されている。エナジーコーチングやヒーリングライアー演奏などの活動も行う。

撮影/千葉ゆうこ 取材・文/田邉愛理

    specialbunner

    Ranking

    1. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    5. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    6. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. カヒミ・カリィさんがNYで出合った、高性能でおしゃれな生理用ショーツ

    9. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    10. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    6. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー