1. Home
  2. MIND
  3. 「幸せへの心のブレーキ」を外す3つの方法

「幸せへの心のブレーキ」を外す3つの方法

運命を変えるマインド革命

2,405

斎藤芳乃

「幸せへの心のブレーキ」を外す3つの方法

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。多くの人が幸せになりたいと思っているのに、なかなかなれない......。実はその原因は、「自己価値が低い」でもなく、「努力が足りない」のでもなく、「幸せが怖い」ということを知っていましたか?

私たちは幸せになりたいと願いながらも、実際には、心の奥深くで「これ以上幸せになったらどうしよう!」と、ブレーキをかけてしまっています。これ以上イケメンに愛されたら......これ以上昇進したら......、まるで別の世界の出来事のように思えて、「失ったら怖い」「どうせその後しっぺ返しが来る!」など、とんでもない思い込みを抱えているのです。

でも、不幸に関しては、「やっぱりそうだよね、そこまでうまい話なんてないし!」と納得してしまったり......、それを続けていたら幸せになることはできません!今回は、こうした「幸せへの無意識の心のブレーキ」を簡単に外すための3つの心理テクニックをお伝えさせていただきますね!

テクニック1 「嫉妬することをすべて許可せよ!」

生きていればどうしても、「あの人が羨ましい!」と思うことはあるもの。こんな自分を嫌な人だ......と感じるより、実は、嫉妬は最大のチャンスなのです。

なぜなら、嫉妬してしまうということは、それだけ「自分が自由に生きられなかった」ということ。にもかかわらず、「自由にしているあの人が羨ましい!」という隠れ心理が潜んでいるのです。だからこそ、嫉妬した瞬間に、

「私は自由にできなかったんだな、かわいそうだったね」

「でも、これからはあの人みたいに自由にしていいんだ!」

と、自分にどんどん許可を出してあげましょう!

テクニック2 「そんなの無理」→「幸せがふさわしい」の好スパイラルに

幸せだったり成功している人を見るほど、「え!そんなの私には無理!」と思ってしまいがちですよね。お給料が月100万円。イケメンでエリートの旦那様に、心温まる家庭。てきぱき働くあこがれの先輩......。「こんなの私には無理!」と思った瞬間に、「あ、私が自分でブレーキ踏んでる!」と気づきましょう。

そして、「私も今まで頑張って生きてきたのだから、これくらい幸せになっていいよね!」と、自分に許していきます。さらに、その人たちのように自分が振る舞っているイメージをすると最強です!

脳は、イメージと現実を区別することができません。そのため、イメージをすればするほど、「その状況にふさわしい自分」になることができ、最高の幸せを得られている自信のある自分として振る舞えるようになります。すると結果的に、どんどん評価されて、愛されるということが起きていくのです。

テクニック3 「不幸ばっかりで我慢してた」自分に活を!

特に大切なことが、今、もし自分があまり幸せでなかったとしたら、その幸せではない状況を自分があえて無意識に受け入れてしまっている......ということに気づくことです。

たとえば、嫌みを言われる。ああ、嫌だな......と思いつつも、それを無意識は「我慢しながらも受け入れている」んですね。でも本当は、嫌みを言われるなんて、嫌なはず。そうであれば、しっかりと「私は嫌みなんて受け入れたくない!」と拒絶してみてください。

評価されない、愛されない、大切にされない、愚痴ばっかり言われる、残業を押しつけられる、自分にだけ態度が違う......これらすべて、「きちんと拒絶」です。

私はこんなことされていい人間じゃないの。そうやってしっかり思えた瞬間に、「不幸ばかり許して我慢してた」自分から、「幸せをちゃんと受け入れる心の準備」が整っていきます

ちょっとした日常のテクニックで、ぐんぐん幸せを手に入れることはできます。あなたは不幸ではなく、幸せにこそふさわしい人。もっともっと幸せで愛される、そんな毎日を手に入れてくださいね!

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー