1. Home
  2. EAT
  3. オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

4,348

吉川圭美

オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

「美容と健康のためにはいい脂が欠かせない」ということが、多くの女性に知られるようになってきました。

とくに現代人に不足しがちなものといえば、サバやアジ、アマニ、エゴマに含まれるオメガ3系脂肪酸。花粉症などの炎症を抑えたり、頭のキレをよくしたり、目の機能をバージョンアップさせてくれたり、さらには細胞膜の材料となって美しい肌づくりにも関わったりと多彩にはたらいています。肌の質感の変化は実感しやすいせいか、「エゴマ油をとるのを習慣にしている」という女性の声はよく耳にします。

私もドライカレーなど味のしっかりしたおかずに、食べる前にひとかけ、を習慣にしていましたが、忘れてしまうこともしばしば。そんな折、栄養カウンセラーの大柳珠美先生から教えていただいたのが、魚の缶詰をうまく取り入れることです。

オメガ3をとるなら魚の脂から、が効率的

人間の身体に欠かせないオメガ3系脂肪酸には、エゴマ油などに多いα-リノレン酸、青背の魚に多いEPA,DHAがあります。食べ物から吸収したα-リノレン酸は、体内に存在するさまざまな酵素の力でEPAやDHAに変化。細胞膜の材料に使われたりしています。

しかし最近では、こうした変化が、じつは体内であまりスムーズに行われていないのではないか、ということがわかってきました。理由は酵素の材料であるビタミンやミネラルが不足していること、日本人の持つ遺伝子的な要因など。ということは、魚の脂から直接DHA、EPAをとったほうが効率的ということになります

魚の缶詰は身近で手軽な優秀食材

たとえばサバ缶。EPAはもちろん、いま注目のDHAも含まれています。しかも100g当たりのDHA量は1300mgと、厚生労働省が推奨する一日当たりの摂取目安量(1g/日)をしっかりクリア。タンパク質はもちろん、骨ごと食べられるためカルシウムなどのミネラルもチャージ可能。とっても優秀な食材といえます。生魚と違って長期保存できること、コンビニなどでも売っているのもありがたいところです。

料理の仕方も、トマト缶と一緒に煮たり、さばカレーにしたり、しょうがや刻んだ根菜と一緒にそぼろにしたりといろいろ。また、ツナ缶の要領でマヨネーズやきゅうりと和えても。何よりサバはおかずのメインになる食材のため、使い忘れる確率がアマニ油よりも低く、いいなと思っているところです。

季節が変わる今の時期は、体調はもちろん肌もゆらぎがち。いまから無理なく楽しくできることを、コツコツと続けていきたいと思っているところです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析