1. Home
  2. EAT
  3. オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

3,240

オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

「美容と健康のためにはいい脂が欠かせない」ということが、多くの女性に知られるようになってきました。

とくに現代人に不足しがちなものといえば、サバやアジ、アマニ、エゴマに含まれるオメガ3系脂肪酸。花粉症などの炎症を抑えたり、頭のキレをよくしたり、目の機能をバージョンアップさせてくれたり、さらには細胞膜の材料となって美しい肌づくりにも関わったりと多彩にはたらいています。肌の質感の変化は実感しやすいせいか、「エゴマ油をとるのを習慣にしている」という女性の声はよく耳にします。

私もドライカレーなど味のしっかりしたおかずに、食べる前にひとかけ、を習慣にしていましたが、忘れてしまうこともしばしば。そんな折、栄養カウンセラーの大柳珠美先生から教えていただいたのが、魚の缶詰をうまく取り入れることです。

オメガ3をとるなら魚の脂から、が効率的

人間の身体に欠かせないオメガ3系脂肪酸には、エゴマ油などに多いα-リノレン酸、青背の魚に多いEPA,DHAがあります。食べ物から吸収したα-リノレン酸は、体内に存在するさまざまな酵素の力でEPAやDHAに変化。細胞膜の材料に使われたりしています。

しかし最近では、こうした変化が、じつは体内であまりスムーズに行われていないのではないか、ということがわかってきました。理由は酵素の材料であるビタミンやミネラルが不足していること、日本人の持つ遺伝子的な要因など。ということは、魚の脂から直接DHA、EPAをとったほうが効率的ということになります

魚の缶詰は身近で手軽な優秀食材

たとえばサバ缶。EPAはもちろん、いま注目のDHAも含まれています。しかも100g当たりのDHA量は1300mgと、厚生労働省が推奨する一日当たりの摂取目安量(1g/日)をしっかりクリア。タンパク質はもちろん、骨ごと食べられるためカルシウムなどのミネラルもチャージ可能。とっても優秀な食材といえます。生魚と違って長期保存できること、コンビニなどでも売っているのもありがたいところです。

料理の仕方も、トマト缶と一緒に煮たり、さばカレーにしたり、しょうがや刻んだ根菜と一緒にそぼろにしたりといろいろ。また、ツナ缶の要領でマヨネーズやきゅうりと和えても。何よりサバはおかずのメインになる食材のため、使い忘れる確率がアマニ油よりも低く、いいなと思っているところです。

季節が変わる今の時期は、体調はもちろん肌もゆらぎがち。いまから無理なく楽しくできることを、コツコツと続けていきたいと思っているところです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    9. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    5. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    8. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン