MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

「美容と健康のためにはいい脂が欠かせない」ということが、多くの女性に知られるようになってきました。

とくに現代人に不足しがちなものといえば、サバやアジ、アマニ、エゴマに含まれるオメガ3系脂肪酸。花粉症などの炎症を抑えたり、頭のキレをよくしたり、目の機能をバージョンアップさせてくれたり、さらには細胞膜の材料となって美しい肌づくりにも関わったりと多彩にはたらいています。肌の質感の変化は実感しやすいせいか、「エゴマ油をとるのを習慣にしている」という女性の声はよく耳にします。

私もドライカレーなど味のしっかりしたおかずに、食べる前にひとかけ、を習慣にしていましたが、忘れてしまうこともしばしば。そんな折、栄養カウンセラーの大柳珠美先生から教えていただいたのが、魚の缶詰をうまく取り入れることです。

オメガ3をとるなら魚の脂から、が効率的

人間の身体に欠かせないオメガ3系脂肪酸には、エゴマ油などに多いα-リノレン酸、青背の魚に多いEPA,DHAがあります。食べ物から吸収したα-リノレン酸は、体内に存在するさまざまな酵素の力でEPAやDHAに変化。細胞膜の材料に使われたりしています。

しかし最近では、こうした変化が、じつは体内であまりスムーズに行われていないのではないか、ということがわかってきました。理由は酵素の材料であるビタミンやミネラルが不足していること、日本人の持つ遺伝子的な要因など。ということは、魚の脂から直接DHA、EPAをとったほうが効率的ということになります

魚の缶詰は身近で手軽な優秀食材

たとえばサバ缶。EPAはもちろん、いま注目のDHAも含まれています。しかも100g当たりのDHA量は1300mgと、厚生労働省が推奨する一日当たりの摂取目安量(1g/日)をしっかりクリア。タンパク質はもちろん、骨ごと食べられるためカルシウムなどのミネラルもチャージ可能。とっても優秀な食材といえます。生魚と違って長期保存できること、コンビニなどでも売っているのもありがたいところです。

料理の仕方も、トマト缶と一緒に煮たり、さばカレーにしたり、しょうがや刻んだ根菜と一緒にそぼろにしたりといろいろ。また、ツナ缶の要領でマヨネーズやきゅうりと和えても。何よりサバはおかずのメインになる食材のため、使い忘れる確率がアマニ油よりも低く、いいなと思っているところです。

季節が変わる今の時期は、体調はもちろん肌もゆらぎがち。いまから無理なく楽しくできることを、コツコツと続けていきたいと思っているところです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

Writing by吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 実はタマゴはまるごと食べたほうがよい理由

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 驚きのフィット感と軽さ。スニーカーのような履き心地のパンプス

    4. みなさんバレンタインには張り込むんですね【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 【完全版】管理栄養士に聞く「糖質制限ダイエット」の効果と方法

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 梅の花が咲いてきた。春も近い?【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    8. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    9. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    10. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    10. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    オメガ3を摂るなら「魚の缶詰」が手軽で効率的 #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。