フリーライターになったとき、最初に困ったのは「PCバッグどうしよう? 」ということ。どんなコーディネイトにも合うシンプルなデザインで、軽くて、パソコンをしっかり保護してくれて......と探しても、ゴツすぎたりなんだか安っぽかったりして、しっくりくるものがありませんでした

そんなときにガジェット好きの友人が教えてくれたのが「Incase(インケース)」のバッグ。以来、グレーのリュックを愛用するようになり、その機能性に惚れ込んでいます。

Apple社が公認するブランド

20170912_incase1.jpg

1997年にサンフランシスコで生まれた「インケース」は、デザインにうるさいあのApple社が公認するブランド。MacBookやiPadに似合うよう、デザインはあくまでシンプルかつミニマム。 多くの場合、ロゴマークすら最小限なので、服やサブバッグのデザインを気にせず持つことができます。

20170912_incase2.jpg

使ってみてびっくりしたのは、「痒い所に手が届く」を地で行くポケットの優秀さです。内部の仕切りが機能的で、整理しながら収納するのに持ってこい。パソコンを入れるスペースは厚みのあるクッションと起毛素材で覆われていて、保護ケースに入れずにそのままポンとしまえます。背負ったままでICカードホルダーを出せる、サイドポケットもすごく便利。たくさんモノを入れても型崩れしない、上質な生地と縫製がまたいいのです。

ハンドバッグと2個持ちできるシンプルデザイン

20170912_incase3.jpg

そんな「インケース」の秋の新作が、よりミニマルで洗練された「COMPASS」シリーズ。同色で異素材のコンビネーションが、光の濃淡でニュアンスを変える最小限のデザイン。パソコン専用スペースやポケットも、これまで以上に充実しています。

20170912_incase4.jpg

「Compass Brief」13インチサイズ&15インチサイズ各8,100円(税込)、ブラック、ネイビー 2色展開、サイズ:13インチ/W35 × H25 × D3cm(13") 、15インチ/W38 × H27 × D4cm

私がいま狙っているのは、ショルダーストラップつきの2WAYブリーフケース。デザイン性の高いハンドバッグと一緒に持てるさりげなさは、探してもなかなか見つかりません。

20170912_incase7.jpg

「Compass Duffel」10,800円(税込)、ブラック、ネイビー 2色展開、サイズ:W48 × H33 × D23cm

こちらの小ぶりのドラムバッグもかわいい! サイドポケットもついているので、タブレットなどをそのまましまえて便利。ショルダーバッグにも変身してくれるので、これ1つで旅行できそう。

20170912_incase6.jpg

「Compass Backpack」12,420円(税込)、ブラック、ネイビー 2色展開、サイズ:W30 × H13 × D47cm

パソコンが入るリュックをお探しの方におすすめ。背中には通気性のよいメッシュのパッドが入っています。人間工学に基づいたショルダーだから、背負い心地も快適です。

「モバイルデバイスを快適に持ち運ぶ」という本来の目的に忠実で、ストイックなほどシンプル。持ってみると、きっと「そうそう、こういうの探してた! 」と納得してもらえると思います。

しかもこの「COMPASS」シリーズ、価格帯が8,100円~12,420円とリーズナブル。デザインよし、機能よしの優秀バッグ、ぜひチェックしてみてください。

[Incase]