1. Home
  2. STYLE
  3. 母親の真似はしなくてよし。きれいが続く掃除の方法5つ

母親の真似はしなくてよし。きれいが続く掃除の方法5つ

2,191

クリハラチナツ

母親の真似はしなくてよし。きれいが続く掃除の方法5つ

家事の中でも苦手なものの一つです、という人も多い掃除。世の中にいわゆる「掃除本」がたくさん出ていることからも、部屋をきれいにすることに頭を悩ませている人が少なくないことがうかがえます。

きれいが保てる掃除の仕方5つ

米Lifehackerのサイト上で「部屋をキレイに保つ方法」を募集したところ、たくさんの反応があったのだとか。その中でもとくに優れた5つが「ライフハッカー[日本語版]」に紹介されていました。

1.習慣に合わせた置き場所を作る

あらゆるものの置き場所を、自分の習慣に合うように定めましょう。何も考えずにモノを置いている場所があるなら、「ここに置くべきじゃない」などという理由でそれを変えないでください。

ライフハッカー[日本語版]より引用)

たとえば家の鍵やアクセサリー、いつも置いてしまうとことはありませんか? 自分でここに置くと決めていてもどうしても自分の生活の中の動きで置いてしまう場所があるもの。もうそれは代えないのが正解かもしれません。その場所に「置き場」を作ってしまうと無理なくものの定位置ができそうです。

2.好きなことをしながら掃除をする

いつも決まった時間に掃除することが苦手ならおすすめなのが、好きなことをしながらやってみるということ。記事の中では毎週リリースされる好きなポットキャストを聞きながら掃除をすることが紹介されています。

テレビだとどうしても視覚を奪われてしまいついつい掃除がおろそかになることも。音声だけならばその心配もないですね。めんどくさいとネガティブになりがちな掃除をポジティブな方向に持っていくことがポイント。

3.平日は短期集中

平日の仕事後は、家事に何時間もかけることはできません。そこでMelissa Hermesさんは、15分の掃除を1回か2回することに決めているそうです。

ライフハッカー[日本語版]より引用)

部屋の掃除に費やす時間というのを計ったことはあるでしょうか。意外と時間を決めずに、次の予定が近くまでキリなくやってしまっていることもあるのでは? 15分の掃除と言われると、なんだ! それだけ? とハードルが一気に低くなった気がします。この「クイック掃除」時間を作ることで日常で続けることが苦ではなくなるかもしれません。

4."母親基準"を気にしない

確かに、今のあなたは親に育てられた結果かもしれません。だからと言って、母親がいつも言っていたキレイさの基準を引き継ぐ必要はありません。

ライフハッカー[日本語版]より引用)

おもしろいと思ったのがこのアイデア。掃除はきちんと教えられることは少ないですが、そのぶん小さい頃から見ている母親の掃除の仕方の影響が大きいようです。母親の掃除基準がいつも間にか自分の基準になっている、ということに気づくだけでも今後の掃除に対する考え方が変わるかも

掃除をしているのは自分。今の自分のライフスタイルに合う掃除の仕方が基準なのです。

5.隠し場所を作る

最後はちょっと気が楽になるアイデア。完璧なきれいさには遠い考え方かもしれませんが、ちょっとした逃げ場を作って置くことも重要のようです。

とりあえずしまっておける箱や散らかしてもよいエリアを作ることでほかの場所をきれいに保てるのだとか。とりあえずでしまったものは時間があるときに整理し、先延ばしにしないようにしたいですね。

掃除をいかにスムーズにこなすかは「無理なく、自然に」がポイントのよう。自分の行動パターンを把握し、完璧を常に求めないことが大事なのかもしれません。

いろんな人のアイデアをどんどん試して自分にあった掃除の仕方を探っていくと、毎日のルーティーンに自然に取り込んで行けるようになりそうな気がします。

ライフハッカー(日本語版)

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?