1. Home
  2. EAT
  3. スポーツのお供に。ドライフルーツを使った抗酸化エナジーバー

スポーツのお供に。ドライフルーツを使った抗酸化エナジーバー

フル―タリアン旬レシピ

1,304

福田カレン

スポーツのお供に。ドライフルーツを使った抗酸化エナジーバー

涼しくなってくると本格的なスポーツの秋の始まりです。身体を動かすために必要なエネルギーは何といっても糖質。中でも、消化・吸収がよいため食べてすぐエネルギーとして利用できるフルーツは、スポーツのお伴にぴったりです。アスリートが試合前にバナナを食べるのには、こうした理由があるのです。

今回は、持ち運びに便利なドライフルーツに、身体のコンディションを上げるスーパーフードを組み合わせたエナジーバー、エナジーボールのレシピをご紹介します。

中鎖脂肪酸×抗酸化力! ベリーのショートケーキバー

20170906_fruit_1.jpg<材料>(8×3cm 4~5本分)アーモンドパルプ(アーモンドミルクを搾った後のパルプ) 1/2カップココナッツフレーク 1/3カップココナッツバター 小さじ1ドライマルベリー(ドライ) 1/3カップ ドライブルーベリー(ドライ)、フリーズドライストロベリー お好み量塩 1つまみ

<作り方>(1)ブルーベリー、フリーズドライストロベリー以外の材料をブレンダーで混ぜる。(2)(1)に、ブルーベリー、フリーズドライストロベリーを加え、手で混ぜ合わせる。(3)(2)に、四角い型に押し付けるようにして形を整える。

スーパーフードメモ:マルベリー、ブルーベリー、ココナッツ、アーモンド

普段から抗酸化力の高いものを食べていると、筋肉へのダメージが少なく、疲労の回復が早くなるといわれています。抗酸化作用の高いフルーツといえばベリー。スポーツ前後に限らず意識して食べたいですね。

さらに、ココナッツに含まれる脂肪分「中鎖脂肪酸」は、エネルギーとして利用しやすいため、持久力を高める作用があるといわれています。エネルギーとして消費されやすく、体脂肪として貯蔵されにくいので、体重コントロールにも有効な成分です。

アーモンドには、抗酸化作用で知られているビタミンEがたっぷり。そして、マグネシウムを始めとするミネラルも豊富で、筋肉の収縮をサポートするなど代謝を促進する働きがあります。アーモンドミルクを搾った後のパルプ(搾りかす)はロースイーツやローフードはもちろん、ピーリングマスクなどお肌のケアにも大活躍するので、捨てずにとっておきましょう。

ローカカオボールで、抗酸化力とオメガ3を補給

20170906_fruit_2.jpg<材料>(2.5cmのボール 約12個分)カシューナッツ 1/2カップ(1時間ほど浸水させ、水を切る)デーツ 2個(水で戻す)ローカカオパウダー 大さじ1カカオニブ 大さじ3チアシード 大さじ1塩、カルダモン、ナツメグ 各少々固さの調節用のアーモンドパルプ 適量

<作り方>(1)カカオニブ、アーモンドパルプ以外の材料をブレンダーで混ぜる。(2)(1)に、適度な固さになるようアーモンドパルプを加えてさらに混ぜる。(3)(2)に、カカオニブを混ぜ合わせ、丸い形に整える。

スーパーフードメモ:ローカカオ、カカオニブ、チアシード

スポーツをして身体を動かすと、フリーラジカルが生成されます。そのため、スポーツ前後はいつも以上に抗酸化力の高いものを食べるのがおすすめです。

抗酸化力が高く、筋肉の収縮に関わるマグネシウムの豊富なローカカオは、集中力を高める作用もあるためアスリートにも最適なスーパーフード。

オメガ3が豊富なチアシードは、脳に働きかけ、気分をよくする作用があることから集中力をサポート。抗酸化作用も高いことが知られています。

>>「フル―タリアン旬レシピ」をもっと読みたい

(写真・文・レシピ:福田カレン)

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた