1. Home
  2. STYLE
  3. まずは小物から、秋を取り入れるテクニック【Enjoy Fashion!】

まずは小物から、秋を取り入れるテクニック【Enjoy Fashion!】

Enjoy Fashion!

まずは小物から、秋を取り入れるテクニック【Enjoy Fashion!】

こんにちは、スタイリストの植村美智子です。9月、着るものに悩みがちな季節の変わり目。まだ暑い日はあるけれど、いつまで真夏の服装のままでいいのか気になり、ちょっとそわそわ気分が落ち着かない人も多いはず。

「9/10まではOK!」「秋分の日までは、OK!」と、いろいろな自分ルールを耳にしますが、実際、気になり始めたその時が変えるべきタイミングかもしれません。

まずは小さな面積から、じわじわ攻めていきましょう。おすすめはシューズやバッグからの変化。夏を象徴するアイテム"サンダル"や"かごバッグ"にはもうサヨナラです。

印象がグッと変わる、温かみのある素材に注目

注目したいのは、この秋の代表とも言える"ベロア素材"。クラシカルな雰囲気が主流のこの秋、ブラウスやスカートなどいろいろなアイテム出ていますが、もちろん、バッグやシューズも例外ではありません。温かみのある起毛素材は、わかりやすく季節感をプラスしてくれるので、1つ取り入れるだけでも十分印象は変わります。

例えば、"ボーダーTシャツにロングスカート"と言う今年らしい夏のスタイルでも、ジュートソールのサンダルがベロア素材のパンプスに変わったり、ストロー素材のかごバッグがベロアのトートに変わったりするだけで、一気に秋の雰囲気です。

起毛素材といえばスウェードもおすすめ。いまやオールシーズンOKの素材なので、あまり変化がつかないという人もいるかもしれませんが、その場合、深く温かみのある色を選んでみてください。

ファーのアイテムをプラスするのもいいですが、今のタイミングだと、結構ハードなオシャレ感が放たれるので、シチュエーションを間違えないように。

秋と夏で違う、素材・色合いバランスに注意を

注意しなければいけないこともあります。例えば、透け感のある薄手のコットンなど、涼し気で夏の雰囲気が強い素材のアイテムに、秋らしい素材の小物類を合わせるのは無理があるので避けたいところ。

そして、色のテンションの違いにも注意が必要です。例えば、同じイエローでも、秋の色味と夏の色味は違うものです。夏のイエローに、秋色のベロアパンプスを合わせると、違和感が出てしまいそう。そのあたりのバランスにも注意しながら、今しかできない夏・秋MIXのファッションを、楽しんでくださいね。

イラスト・米山夏子

>>「EnjoyFashion!」をもっと読む

植村美智子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    2. 禅僧が教える、感情に飲み込まれない人になる心のワーク

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 寝ながらできる、自己肯定感を上げるトレーニングって?

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 筋肉をつくる「完全タンパク質」を摂れる! 8つの植物性食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン