1. Home
  2. STYLE
  3. フラワーデザイナーに聞く、心に作用するお花の飾り方

フラワーデザイナーに聞く、心に作用するお花の飾り方

片岡理森

フラワーデザイナーに聞く、心に作用するお花の飾り方

生活空間に一輪でもお花があるだけで、まるでスポットライトが当たったかのように明るい気分になるから不思議。フラワーデザイナー今野亮平先生によると、お花の色や形が気持ちにどう作用するかを知っておくと、お花の魅力がより効果的に感じられるのだとか。おうちの中のスペースごとに、おすすめのお花があるようです。

お花の色や形と、置く場所の役割を意識して飾る

よく通る場所には、ビタミンカラーを

170907_flower_top_01.jpg

疲れて帰宅したときはとくに、おうちでゆっくりくつろぎたいものです。そんな時は、玄関や洗面台などおうちの中でもよく通る場所にピンクやオレンジなどビタミンカラーのお花を数本まとめて飾りましょう。夏ならヒマワリゼニアがおすすめ。目にふれるたびに元気がもらえます。

あわただしく過ごす場所には、清涼感を

170907_flower_top_02.jpg

毎日あわただしく過ごしているキッチンなどには、清涼感のあるお花を飾りましょう。色はブルーやパープル系で、アガパンサスのように小さく可憐な花なら束、クレマチスなど高貴なイメージのお花なら1本で飾るとリラックスできます。

ゆとりのある空間には、グリーン系を

170907_flower_top_03.jpg

大自然に癒しを求めるのと同じように、癒されたいときは家の中にもグリーンを取り入れましょう。葉物もおすすめで、曲線美が美しいナルコユリドウダンツツジなどを、形を生かすように広めの空間に飾れば、ヒーリング効果も期待できます。

個室の空間には、小さなお花の集合体を

170907_flower_top_04.jpg

寝室やトイレなど、おうちの中の個室に小さなお花をまとめておくと、気持ちがとても安らぎます。アジサイカスミソウなど、1本に小さなお花が集合することで構成されているものがおすすめです。ふんわり感が生きるように、飾る際は空間に余裕をもたせるのがポイント。

人が集まる場所には、丸いお花を集めて飾る

170907_flower_top_05.jpg

リビングなど、おうちの中で最も落ち着ける場所に丸みのあるお花があるとリラックス作用があります。お花に角がないので、飾ると場が和むようです。丸さが特徴的なオールドローズを数本まとめたり、ラウンドブーケを買って飾るのがおすすめです。

全部は難しくても、まずは1番お気に入りのスペースからはじめてみると効果を感じられそう。花器はかしこまったものでなくても、メイソンジャーやブリキのジョウロなど、空間に合ったものを代用したりカバーとして使ってもいいかもしれません。お花の力をかりて、おうちをさらにリラックスできる場所にしていきたいです。

太陽笑顔fufufu

top image,sunflower,clematis,polygonatum falcatum,hydrangea,rose via shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. ふくらはぎがパンパン! 足のむくみをスッキリ解消する方法

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. うまくいってるとき、心が折れたとき──人生に欠かせない3冊の本

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    8. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    9. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技