1. Home
  2. STYLE
  3. フラワーデザイナーに聞く、心に作用するお花の飾り方

フラワーデザイナーに聞く、心に作用するお花の飾り方

1,601

片岡理森

フラワーデザイナーに聞く、心に作用するお花の飾り方

生活空間に一輪でもお花があるだけで、まるでスポットライトが当たったかのように明るい気分になるから不思議。フラワーデザイナー今野亮平先生によると、お花の色や形が気持ちにどう作用するかを知っておくと、お花の魅力がより効果的に感じられるのだとか。おうちの中のスペースごとに、おすすめのお花があるようです。

お花の色や形と、置く場所の役割を意識して飾る

よく通る場所には、ビタミンカラーを

170907_flower_top_01.jpg

疲れて帰宅したときはとくに、おうちでゆっくりくつろぎたいものです。そんな時は、玄関や洗面台などおうちの中でもよく通る場所にピンクやオレンジなどビタミンカラーのお花を数本まとめて飾りましょう。夏ならヒマワリゼニアがおすすめ。目にふれるたびに元気がもらえます。

あわただしく過ごす場所には、清涼感を

170907_flower_top_02.jpg

毎日あわただしく過ごしているキッチンなどには、清涼感のあるお花を飾りましょう。色はブルーやパープル系で、アガパンサスのように小さく可憐な花なら束、クレマチスなど高貴なイメージのお花なら1本で飾るとリラックスできます。

ゆとりのある空間には、グリーン系を

170907_flower_top_03.jpg

大自然に癒しを求めるのと同じように、癒されたいときは家の中にもグリーンを取り入れましょう。葉物もおすすめで、曲線美が美しいナルコユリドウダンツツジなどを、形を生かすように広めの空間に飾れば、ヒーリング効果も期待できます。

個室の空間には、小さなお花の集合体を

170907_flower_top_04.jpg

寝室やトイレなど、おうちの中の個室に小さなお花をまとめておくと、気持ちがとても安らぎます。アジサイカスミソウなど、1本に小さなお花が集合することで構成されているものがおすすめです。ふんわり感が生きるように、飾る際は空間に余裕をもたせるのがポイント。

人が集まる場所には、丸いお花を集めて飾る

170907_flower_top_05.jpg

リビングなど、おうちの中で最も落ち着ける場所に丸みのあるお花があるとリラックス作用があります。お花に角がないので、飾ると場が和むようです。丸さが特徴的なオールドローズを数本まとめたり、ラウンドブーケを買って飾るのがおすすめです。

全部は難しくても、まずは1番お気に入りのスペースからはじめてみると効果を感じられそう。花器はかしこまったものでなくても、メイソンジャーやブリキのジョウロなど、空間に合ったものを代用したりカバーとして使ってもいいかもしれません。お花の力をかりて、おうちをさらにリラックスできる場所にしていきたいです。

太陽笑顔fufufu

top image,sunflower,clematis,polygonatum falcatum,hydrangea,rose via shutterstock

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. えっ、この不調も更年期症状? 30代〜50代まで激変する体に対応するには【更年期まとめ】

    8. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    9. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    10. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    9. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら