1. Home
  2. STYLE
  3. フラワーデザイナーに聞く、心に作用するお花の飾り方

フラワーデザイナーに聞く、心に作用するお花の飾り方

1,036

片岡理森

フラワーデザイナーに聞く、心に作用するお花の飾り方

生活空間に一輪でもお花があるだけで、まるでスポットライトが当たったかのように明るい気分になるから不思議。フラワーデザイナー今野亮平先生によると、お花の色や形が気持ちにどう作用するかを知っておくと、お花の魅力がより効果的に感じられるのだとか。おうちの中のスペースごとに、おすすめのお花があるようです。

お花の色や形と、置く場所の役割を意識して飾る

よく通る場所には、ビタミンカラーを

170907_flower_top_01.jpg

疲れて帰宅したときはとくに、おうちでゆっくりくつろぎたいものです。そんな時は、玄関や洗面台などおうちの中でもよく通る場所にピンクやオレンジなどビタミンカラーのお花を数本まとめて飾りましょう。夏ならヒマワリゼニアがおすすめ。目にふれるたびに元気がもらえます。

あわただしく過ごす場所には、清涼感を

170907_flower_top_02.jpg

毎日あわただしく過ごしているキッチンなどには、清涼感のあるお花を飾りましょう。色はブルーやパープル系で、アガパンサスのように小さく可憐な花なら束、クレマチスなど高貴なイメージのお花なら1本で飾るとリラックスできます。

ゆとりのある空間には、グリーン系を

170907_flower_top_03.jpg

大自然に癒しを求めるのと同じように、癒されたいときは家の中にもグリーンを取り入れましょう。葉物もおすすめで、曲線美が美しいナルコユリドウダンツツジなどを、形を生かすように広めの空間に飾れば、ヒーリング効果も期待できます。

個室の空間には、小さなお花の集合体を

170907_flower_top_04.jpg

寝室やトイレなど、おうちの中の個室に小さなお花をまとめておくと、気持ちがとても安らぎます。アジサイカスミソウなど、1本に小さなお花が集合することで構成されているものがおすすめです。ふんわり感が生きるように、飾る際は空間に余裕をもたせるのがポイント。

人が集まる場所には、丸いお花を集めて飾る

170907_flower_top_05.jpg

リビングなど、おうちの中で最も落ち着ける場所に丸みのあるお花があるとリラックス作用があります。お花に角がないので、飾ると場が和むようです。丸さが特徴的なオールドローズを数本まとめたり、ラウンドブーケを買って飾るのがおすすめです。

全部は難しくても、まずは1番お気に入りのスペースからはじめてみると効果を感じられそう。花器はかしこまったものでなくても、メイソンジャーやブリキのジョウロなど、空間に合ったものを代用したりカバーとして使ってもいいかもしれません。お花の力をかりて、おうちをさらにリラックスできる場所にしていきたいです。

太陽笑顔fufufu

top image,sunflower,clematis,polygonatum falcatum,hydrangea,rose via shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    4. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    5. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    6. 深い友人関係を築ける人の特徴とは?

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 肩をたたくだけで、なぜお尻と腹筋がしまるのか?

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 髪の悩みを解決して、魅力をひきだす最新ヘアスタイル5つ

    10. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?