1. Home
  2. BODY
  3. デジタル疲労の解消は心とからだの両方から。コツをつかんですっきりストレッチ

デジタル疲労の解消は心とからだの両方から。コツをつかんですっきりストレッチ

デジタル疲労の解消は心とからだの両方から。コツをつかんですっきりストレッチ

いまや生活に欠かせないパソコンやスマホ。触らない日はないと言っても過言ではないくらいです。ついつい夢中になりすぎて首や肩が張ってしまったり、目が疲れてしまったり......。そんな「デジタル疲労」を感じている人も多いのでは

心とからだ、両方をメンテナンスしてコリを解消

からだのコリの第一要因は同じ姿勢を保つことなのだそう。デジタルツールに夢中になっている時、ちょっと体に注意を払ってみると、からだが縮こまって呼吸が浅くなってしまっているようです。

それと意外なようですが心理的ストレスも大きなコリの要因。心にかかるストレスは自律神経に作用し交感神経優位となり筋肉だけでなくからだ全体を縮こませてしまうことになってしまいます。ちゃんとからだのメンテナンスをしていても心と共に、両方をケアしてあげないと根本的な解決にはならないようです。

ストレッチ効果を高めるコツは呼吸

病気とまでいかない不調が続かないためにもからだの巡りをよくして筋肉をほぐしておきたいもの。そんな時に役に立つのが手軽なストレッチ。肩を回したりうーんと腕を上に伸ばしたり、なんとなく気持ちよくなりそうな動きを自分なりにやってしまいますが、それはもしかしたら「効かないストレッチ」なのかも。ライフハッカー[日本語版]によるとストレッチはちょっとしたコツを抑えることで効果的なものになるのだとか。そのコツは「呼吸」。きちんとした呼吸でストレッチを実践してみましょう。

1.息を吸う2.息を吐きながら目的の筋肉を伸ばす3.筋肉の伸び感を心地よく感じたら、ゆったりとした深呼吸を数回行う4.変化に驚かせないように、ゆっくりと筋肉を元の位置に戻す5.伸びた感覚を味わいながら数回呼吸する

ライフハッカー[日本語版]より引用)

息を吐くときに、筋肉は緩んでいきますので、そのタイミングに合わせてしっかり伸ばしていくことが大切なのだとか。さらに呼吸を整えたら加えたいのがアロマの力。香りによりリラックス、リフレッシュ効果があるのもを気分でチョイスすることでより効果的なストレッチができるそうですよ。

デジタル疲れはいまの時代、切っても切り離せないもの。上手にストレッチを取り入れて快適なデジタルライフを送りたいものです。

ライフハッカー[日本語版]

image via Shutterstock

クリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 他人に優しくできないときの深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    2. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    3. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 精神科医に聞いた、「自分を批判された」ときの対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 93歳のエリザベス女王がハードな公務をこなせる理由

    8. 自己肯定感を上げるのに、一緒にいるとよい人ってどんな人?

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    8. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    9. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン

    10. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8