1. Home
  2. EAT
  3. 疲れにくく動ける体に。さんまと舞茸の混ぜるだけ秋の香味ご飯

疲れにくく動ける体に。さんまと舞茸の混ぜるだけ秋の香味ご飯

疲れにくく動ける体に。さんまと舞茸の混ぜるだけ秋の香味ご飯

旬の食材や定番食材をより美味しく手軽にそしてヘルシーに食べることを提案する短期連載「体が喜ぶ時短レシピ」。Vol.1は、秋の味覚の代名詞、さんまに注目! 脂がのって美味しいさんまには、DHAやEPAなど良質な脂がたっぷり。特にEPAは血液をサラサラにしてくれるので、運動効率のアップや、疲れない体のために欠かせない成分としてアスリートにも注目されています。

でも、さんまを焼くのは手間がかかるし、上手に焼けないという方に、おすすめなのが「さんまの缶詰」。美味しい時期に獲ったさんまを旨味ごとギュッと缶詰にしているので、栄養はそのまま、そして、何より調理時間を省いて手軽に使えるのもメリット大。もっと積極的に取り入れてみませんか?

今回は、さんまのかば焼き缶と旬の舞茸を使い、混ぜるだけで美味しい「さんま缶と舞茸の秋の香味ご飯をご紹介します。

さんま缶と舞茸の秋の香味ご飯

<材料>1人分

さんまのかば焼き缶 1/2缶(汁含めて50g)舞茸 1/2袋ごま油 小さじ1/2食塩 ひとつまみご飯 茶碗1杯小葱 適量生姜 適量

<作り方>

(1)舞茸は、じくをとり、ほぐす。ごま油を熱したフライパンでしんなりするまで中火で炒め塩少々を振る。(2)温かいご飯に、(1)とさんまのかば焼き缶を汁ごと、小口切りにした小葱半量、千切りにした生姜半量を入れ混ぜる。(3)器に盛り、残りの小葱と生姜を飾る。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス!

さんまには、良質な油といわれているEPAやDHAが豊富に含まれています。乾燥が気になるこれからの季節には、良質な油がお肌に潤いを与えます。また、舞茸にはビタミンB2が含まれているので食べたものを体内で効率よくエネルギーとして使用するためダイエットにも効果的です。運動をする際には、汗などで水溶性のビタミンB群が流れ出てしまうため、運動後は積極的に不足しやすいビタミン類をとり入れましょう。(管理栄養士:服部麗)

こんなレシピも人気です!

>>旬さんまのトマト煮込み>>さんまのカレーかば焼きミニ丼>>さんまの生姜ごぼう照り焼き

レシピ提供:ダイエットプラス

201708_DietPlus_top.png

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?