1. Home
  2. MIND
  3. 人生が前向きに動き出す、3つの言葉

人生が前向きに動き出す、3つの言葉

運命を変えるマインド革命

4,270

斎藤芳乃

人生が前向きに動き出す、3つの言葉

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。人生を変えるには、自分の使っている言葉を変えるのがいい。ゲーテからスティーブジョブス、スポーツ選手まで......メンタルを重要視する成功者の教えとして、とても有名な考え方です。言葉は、私たちの無意識=意図しない深層心理をコントロールするからです。否定的な言葉やネガティブなことばかり言っていると、そのとおりの人生になってしまうんですね。しかし、だからと言って、闇雲にポジティブな言葉を使ったとしても、それは「こんなことないよね」と無意識に否定することになり、逆効果です。今回は、より成功し、私らしく幸せになるための「口癖・言葉の変え方」について、3つのコツをお伝えしていきますね。

1.「私」を重視して話すこと!

まず基本的なこととして大切なことが、「私」を主語として話すということです。アイメッセージという言葉を聞いたことがありますか?これは、「私はこう思っている」と私を主体にして伝えることで、「あなたはこうなんでしょ!」と相手を責めずにコミュニケーションがとれるという意味です。でも、これを、相手との交渉や話し合いの場だけではなく、普段から使うように心がけるんですね。

「私は今、あなたに評価されてとても嬉しい」「私はこんなふうに努力して、会社のために貢献しました」「私はあなたのことをこう思っています」

こうして、相手が、周囲がではなく、「私が何を思い、感じているのか?」を普段からよく考えるようになることで、人生の主導権を「会社が」「あの人が」「彼が」ではなく、「私」に取り戻すことができます。すると、自然に「私はこう思う」「私はこうしたい」「私はこれができた」というように、あらゆる場面で「私という存在感」を出せるようになるのです。

2.否定的な思考の後に、「でも......」と考える

人生を悪くするクセのひとつが、否定クセ。良いことがあったとしても、「でも悪いことが起きたら......」とか、褒められても「でもあの人よりも出来ていないから......」とか、ついネガティブなことを考えてしまうことがあります。こうして、過去の出来事を参照して、「もしこうなったら?」という予防線を張るのは、悪いことではありません。けれど、あまりに予防線ばかりだと、おそるおそる綱渡りをするような生き方になってしまい、大胆に輝くことはできないのです。そんなときは、否定的な考えを、さらに「でも!」と肯定するように心がけてみてください。もしも失敗したら?でも、死ぬわけではないし、助けてくれる人が私の周囲には大勢いる!私は完璧じゃない。でも、そんな私でも、人を喜ばせたことも、素晴らしい仕事をして貢献できたこともある!こうして、「でも......否定」の後に、さらに否定で肯定的なことを付け加えること!

こうして「それでも私はできる!」「これでいい!」と、より素晴らしい過去や周囲に目を向けられたとき、現実も結果も、素晴らしいものに変わっていきます。

3.幸せを感じたとき、「これでいい!」と付け加える

そして最後に大切なことが、素晴らしい経験や嬉しいことを、全力で肯定するということです。たとえば、道行く男性にドアを開けてもらった。「ありがとう」とエスコートに対してお礼を伝えることはあるかもしれません。ここでさらに、「これでいい!」と心の中で付け加えてみてください。上司から評価されたら、感謝とともに「これでいい!」友人に共感してもらい、優しくしてもらったとしたら「これでいい!」。コンビニで丁寧に接してもらうことも、楽しい会話ができたことも、素敵な男性から声をかけられたことも、全部「これでいい!」を付け加えてみましょう。こうすることで、あなたの深層意識には、「幸せなことがあっていい=こうした幸せな出来事が起きて当然なんだ」という許可が生まれます。ひとつの嬉しい出来事を、こんなふうに「これでいい!」と100%受け取れるようになると、こうした経験が特別なことではなく、どんどん頻繁に起こるようになるのです。

このように、言葉一つで、私たちは自分の意識を変えることができます。そしてその結果、主体的に前向きに生き、どんどん幸せになっていく人生へとつながっていくのです。

一言で、運命は変えられる。まずは3つの言葉から初めてみてくださいね!1年後、あなたの人生は、もっと幸せに、もっと美しく輝いていることでしょう。

>>運命を変えるマインド革命をもっと見る

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ