MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. EAT
  3. 糖質を摂りすぎると、どうして眠りが浅くなるの?【ポジティブ栄養学】

糖質を摂りすぎると、どうして眠りが浅くなるの?【ポジティブ栄養学】

ポジティブ栄養学

糖質を摂りすぎると、どうして眠りが浅くなるの?【ポジティブ栄養学】

image via shutterstock

雨降り続きから一転、この時期らしい暑さが戻ってきました。夏らしさを実感できるのはうれしいのですが、睡眠不足になるのはちょっとつらいもの。翌朝まで疲れが残ってしまうのは避けたいものです。

そんなとき、自分の身体を通じて発見したことがあります。それは眠りと糖質の関係です。

糖質をとった日の夜は眠りが浅くなる傾向に

ある日のこと。いつもなら目覚めもよく朝からテキパキ動けるのに、疲れが抜けていなかったり、日中生あくびをしっぱなしだったりと何とも不調な一日を過ごしました。常にだるいので何をしても楽しくないし、周りにいらぬ心配をかけてしまうし......。そういえば、こういう体調の日が前にもあったかも、とあれこれ理由を考えていました。

そこで思い出したのが食事のこと。疲れが残っている日の前日の夜は、「料理を作るのが面倒」とコンビニで買ったアイスクリームやパンなどを食べていたことに気づきました。

糖質をとりすぎると、血糖値の急上昇や急降下が起こりやすくなります。ここで登場するのが血糖値を下げるインスリンや、逆に上げるアドレナリンといったホルモン。アドレナリンは血糖値に関係するとともに、興奮状態に関係するため、分泌されることで交感神経が優位になってしまいます。夕食に糖質をとりすぎると、血糖値の乱高下やホルモンの影響が睡眠中に起こるため、浅い眠りにつながってしまうことに

そういえば、と思いだしたのが、夜中の目覚め。割と暑い夜でも、普段はいちど寝たら朝まで起きないほうなのですが、糖質を食べた日にはなぜか夜中の二時ぐらいに起きてしまうのです。きっと私の身体のなかでは、暑さに加え、眠りながらも身体のなかでは血糖値を一定にするため、ホルモンを懸命に出していたり、アドレナリンで興奮状態が引き起こされていたのかもしれません。これでは身体が休まるどころではない、と深く反省しました。同時に、食べ物の選び方ひとつでこんなにも身体が変わるのかと驚きました

糖質に頼りすぎないためにおかずをストック

そこで疲れた日でもパパッと食事ができるよう、冷蔵庫にいろんなおかずをストックするようにしています。ふだんの食事のときに多めにおかずを作り、少しずつ小分けしてフリージングしておけば、電子レンジで温めるだけと簡単。またお弁当の作りおきおかずも多めに作るようにしています。普段、自宅での夕食は主食をとらず、おかずを中心に肉・魚と野菜をたっぷり食べるようにしているのですが、こういった食生活が夏場の不眠解消にもひと役かっているようです。

さらに、アイスクリームを食べたくなったときのために、冷凍庫には低糖質アイスクリームをスタンバイ。もしコンビニで食料を調達する場合は、ヨーグルトやチキン、枝豆などを選ぶようにしています。疲れやだるさで一日のテンションが下がらないよう、ごきげんな自分をキープするため、ちょっとずつ工夫をしているところです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

Writing by吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    4. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    5. LINEでバースデーメッセージ。喜ばれるコツはタイミングにあり!

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 三浦半島南下の買い物ツアーへ出かける【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 万能調味料「酒粕」を使った毎日の簡単おかずアレンジレシピ

    10. ここはモロッコか?というような建物だった【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    8. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    9. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    10. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    糖質を摂りすぎると、どうして眠りが浅くなるの?【ポジティブ栄養学】

    FBからも最新情報をお届けします。