1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 夏の終わりのダメージ髪に、内外からアプローチするヘアケア #まとめ

夏の終わりのダメージ髪に、内外からアプローチするヘアケア #まとめ

片岡理森

夏の終わりのダメージ髪に、内外からアプローチするヘアケア #まとめ

肌は日焼け止めや保湿でしっかり守っていたけれど、気づけば髪がゴワゴワに......紫外線を浴びた髪は、タンパク質が壊されたり頭皮が乾燥したりすることによって、抜け毛くせ毛の原因になるようです。いまの時期に見直したいヘアケアを、マイロハスの記事のなかから集めました。

やさしく癒す精油シャンプー

20170821_hair_01.jpg

ザ パブリック オーガニック」のシャンプーは、アミノ酸系洗浄成分を使用しており、ナチュラル原料で作られているのにしっかりとした泡だちがあり、バランスのとれた1本。有機ヒマワリオイルとツユクサエキスが、乾燥した髪をつややかに保湿。鎮痛・鎮静作用のあるラベンダー精油と、心身のバランスを整えてくれるゼラニウム精油がブレンドされた香りは気温差で乱れがちな心と体をほぐしてくれそう。>>毎日使うものだから素肌にやさしいシャンプー3選

アルガンオイルで抜け毛防止

20170821_hair_02.jpg

ビタミンEが豊富で抗酸化力の高いアルガンオイルは、肌だけでなく髪にも効果的。固くなった頭皮にオイルマッサージとして使ったり、タオルドライ後に毛先につけてからドライヤーで乾かすと、ハリやコシが生まれてふんわりとした髪質に。頭皮と髪のエイジングケアをしてくれます。「CODINA」のスキャルプシャンプーとセット使いがおすすめ。>>栄養豊富なパンプキンシードオイルで、ふんわり若々しい髪へ

ヘアブラシを木製に変えて

20170821_hair_03.jpg

Orienex」のヘアブラシは、天然竹から作られています。竹に含まれる天然油分が頭皮の油分になじみ、使いこむほどに自然なツヤとしなやかさを与えてくれます。静電気の起こりにくい自然素材の先丸ピンは、頭皮を痛めず心地良い刺激でマッサージ用としても。髪がやせてしまった人にもやさしい使い心地。>>ゴワつきウネり対策に30代からはじめる髪の老化予防

高機能ドライヤーで潤いを守る

20170821_hair_04.jpg

復元ドライヤー」は、低温で髪の毛のたんぱく質を破壊せず、頭皮の水分を蒸発させないドライヤー。搭載されたセラミックスが育成光線とマイナス電子を照射することで、美髪効果やリフトアップ効果が期待できます。体にも髪にもやさしいエネルギーで、細胞を活性化し、疲労回復やこり改善にまで効果が期待されるというから驚き。>>低温でやさしく乾かす、この夏いちおしのハイスペックドライヤー

美髪に必要な栄養素を見直す

20170821_hair_05.jpg

はエネルギー作りに欠かせない酸素を全身に運ぶ、赤血球の材料。不足すると影響は頭皮にも起こり、抜け毛となってあらわれるとか。亜鉛は細胞が分裂するときに活躍するミネラル。また、タンパク質は、たっぷりとしたツヤのある髪のためにひと役かってくれるようです。レバーや牛肉、卵などの動物性食品を意識して食べるようにしたい。>>抜け毛、パサつきに悩まない。美しいツヤ髪を作る栄養ケア #ポジティブ栄養学

髪が美しいだけで、印象がガラリと変わるから不思議。夏の終わりにくたびれた印象を与えないよう、いまからしっかりケアしておきたいです。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?