1. Home
  2. EAT
  3. 中東の万能調味料「ハリッサ」。その人気の秘密とは?

中東の万能調味料「ハリッサ」。その人気の秘密とは?

2,456

中東の万能調味料「ハリッサ」。その人気の秘密とは?

タジン鍋からはじまって、クスクス、フムスなど、注目度が増している中東料理。いま話題なのが、北アフリカ発祥のスパイシーな万能調味料ハリッサ(HARISSA)」です。

辛さよりも強い旨味が人気の秘密

ハリッサは、オイル唐辛子をベースに、クミンコリアンダーなどのスパイスが加えられた調味料。食欲増進、抗菌、整腸作用、減塩や代謝を上げる効果も期待できるうえ、エスニックはもちろん、和風・洋風・中華どんな料理も引き立てクセになるおいしさなのだとか。最近ではレシピ本まで登場して、ますます人気が高まりそう。

20170821_harissa_01.jpg
『辛くておいしい調味料 ハリッサレシピ』(誠文堂新光社)/ 1,404円(税込)

私も試しにKALDIで購入。こちらのハリッサは、パプリカベースに唐辛子、クミン、コリアンダー、ガーリックなどを加え、より日本人に合う味わいに仕上げてあります。

20170821_harissa_02.jpg
KALDI オリジナル ハリッサ / 398円(税込)

鮮やかな赤色とは裏腹のほどよいピリ辛具合にまず驚きました。辛い調味料というと、ずっと口の中に残って、その後食べるものがみんな同じ味になってしまいがちですが、これはなんとも爽やかな辛さで口に残りません。辛さの刺激より旨味の方が強く感じられ、白いご飯にも合いそうなくらい奥深い味わい。いまの時期は冷奴や素麺、キュウリのディップにもピッタリ

料理のアクセントに加えてマンネリ打破

インスタグラムでも、話題のハリッサを独自に楽しむ人がたくさん。

冷蔵庫にある残りものをハリッサで炒めるだけで、立派な一品になる優秀さ。まろやかな温泉卵とも相性抜群。

ハリッサと塩麹で漬け込んだ鶏モモ肉のソテー。上からかけるだけでなく、下味としても良い仕事をしてくれます

ラタトゥイユの残りにチキンとトマトソースを足して、ハリッサで味を整えて。煮込み系料理にコクと深い旨味をプラス

ハリッサで味付けて焼いたラム肉とヨーグルトを合わせ、チコリの葉に乗せたカナッペ。見かけよりも上品な辛さなので、ホームパーティーなどおもてなし料理にも使えます。

寒い季節にはスープ鍋料理にも欠かせなくなりそうなハリッサ。食卓の定番メンバーに追加確定です。

辛くておいしい調味料 ハリッサレシピ

image via shutterstock

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン