1. Home
  2. BODY
  3. 眠るときはどっち向き? 睡眠の恩恵を最大に受ける姿勢とは

眠るときはどっち向き? 睡眠の恩恵を最大に受ける姿勢とは

疲労回復 ー疲れとうまく付き合うためにー

3,095

クリハラチナツ

眠るときはどっち向き? 睡眠の恩恵を最大に受ける姿勢とは

睡眠は心とからだの回復には必須の要素。睡眠はからだの細胞の回復、記憶力、学習を助け、脳の老廃物を取り除く働きがあることを神経科学が実証しているのだとか。

効果的に眠るカギは「横向き」

からだだけでなく脳の老廃物もしっかり取ることはとっても重要。そのためには眠る時の「姿勢」もキーポイントになるようです。ライフハッカーによると睡眠時の姿勢の中で、脳の老廃物を排出するのに最も効果的なのは横向きになって寝る横臥位とのこと。

この横向きで眠ることのメリットはいびきや睡眠時無呼吸症、首や背中の痛みなどにも良い効果が期待できるところ。背骨がまっすぐになるので背中の痛みを和らげるとともに、中咽頭を開くことになるので睡眠時の呼吸が楽になるようです。

私はもともと横向きにしか寝られないのですが理由はからだが一番楽だから。仰向けでは腰が痛くなり呼吸がリラックスしてできません。自然と自分に都合のいい姿勢をとっていたのかもしれませんね。実際人間を含むほとんどの動物が横向きになって眠ることを好むそう。そう考えると本能的な行動であると言えます。

専門家がおすすめする睡眠時の姿勢

横向き、と言っても正しい寝方が気になります。睡眠専門家などががおすすめの睡眠時の姿勢はこちら。

1.横向きに寝る。ただし、胎児のように体を丸めないこと(膝を多少曲げるのは良いが、膝を抱え込む姿勢は不可)。

2.人間工学に基づいてデザインされた枕に頭を置く。首をしっかり安定させられる厚みがある枕を使用すること。

3.両脚の間に小さな枕を入れて背骨をまっすぐに保つ。

(「ライフハッカー(日本語版)」より引用)

ただ横を向いてゴロンでOK! というわけにはいかないよう。ポイントは枕使い。最近枕には様々な種類が出ていますがやはり人間のからだの動きにあった作りの枕を使うことはマスト。足の間の枕と組み合わせてよりからだにより負担が少ないスタイルを取ることが安眠への近道のようです。

人間は2週間ずっと起き続けると生きていけないと言われます。睡眠は解明をされてないことも多い分野ですが、眠っている時間が私たちの心身をリセットしてくれているのは明らか。いつもの寝方をちょっと変え、脳とからだのデトックスを試してみてはどうでしょうか。

ライフハッカー(日本語版)

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由