1. Home
  2. EAT
  3. 汗をたっぷりかいたら、マグネシウムをチャージ【ポジティブ栄養学】

汗をたっぷりかいたら、マグネシウムをチャージ【ポジティブ栄養学】

ポジティブ栄養学

3,504

吉川圭美

汗をたっぷりかいたら、マグネシウムをチャージ【ポジティブ栄養学】

花火大会にお祭り、フェスなど、夏のイベントもいよいよ盛り上がってきました。こんなときに飲みたくなるのがビール。蒸し暑い夜風を感じながらお酒を飲むひとときは、夏ならではの楽しみだと感じます。

汗をたっぷりかく今の時期に、私が心がけていることがあります。それは使われた栄養素をチャージすること。汗などで外に出やすくなるマグネシウムもそのひとつです。

マグネシウムは、アルコールやストレス、汗で排出される

必須ミネラルのひとつ、マグネシウム。体内で骨作りにかかわっていたり、血圧や体温のバランスをとったり、筋肉をしなやかに動かすためのサポートをしたり、エネルギー作りなどにも関わったり。また、疲れを取り除くビタミンB1の仕事をバックアップ、なんてこともしています。体内でマグネシウムを必要とする酵素の数はなんと300にものぼるというから驚きです。

その分、足りなくなるとさまざまなところに不調のきざしが見え隠れします。たとえばまぶたがピクピクしたり、夜中に足がつったり、疲れが抜けなかったり、イライラして気持ちが落ち着かなかったり。

マグネシウムは豆類や海藻類、玄米をはじめとする未精製の穀類に多く含まれています。そのため、コンビニ食や外食が多いという人はどうしても不足しがちです。また汗や尿で排出されやすいミネラルでもあり、アルコールを多くとったりストレスが多いと外に出て行ってしまいます

飲み物や料理に「にがり」をプラスしてみる

マグネシウムの手軽なとり方について、栄養療法(食養生)も行う精神科医の奥平智之先生に教えていただいたのが天然のにがりを飲み物にとりいれることです。

最近ではクーラーのない場所にいても夏バテしない代わりに、しっかり汗をかくようになった私ですが、その分、マグネシウムが足りなくなっていたのでしょう、夜中に足がつるようになってしまいました。さらに翌朝になっても足の疲れが抜けなかったり......。

そこで、持ち歩く水筒のドリンクににがりを数滴入れたり、キッチンに置いておき,調味料感覚で味噌汁や炒め物、お弁当などいろんなものに入れるようにしています。このほか、ミネラルウォーターにプラスしたりも。トラブルが解消されるとともに、栄養と身体のつながりを改めて実感しているところです。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?