1. Home
  2. EAT
  3. 茹でるひと手間がコツ。「塩もみキュウリ」がプロの味に変身

茹でるひと手間がコツ。「塩もみキュウリ」がプロの味に変身

1,972

片岡理森

茹でるひと手間がコツ。「塩もみキュウリ」がプロの味に変身

箸休めの定番「塩もみキュウリ」。塩をふってもむだけなので、料理が苦手でも、急いでいるときでも作れる便利なメニューです。その簡単レシピに「茹でる」ひと手間加えるだけで、劇的においしくなるのだとか。

塩もみの前に茹でて食感アップ

20170814_foodie_01.jpg

グラグラ沸騰したお湯の中でくつろぐキュウリ。なかなか見ない光景です。伊勢丹新宿店シニア野菜ソムリエ小島孝夫さんによると、塩もみする前に茹でるという下処理は、和食の料理人では当たり前の工程なのだとか。キュウリを茹でる理由は3つありました。

・余分な水分が適度に抜け、弾力のある食感になる・緑色がより濃く鮮やかになる雑菌を除くことができる

(「FOODIE」より引用)

みずみずしいキュウリを茹でたらフニャフニャになってしまうんじゃないかと思いきや、むしろ弾力がアップするというのは意外。キュウリの表面(とくにイボのまわり)には細菌がつきやすいと聞いたことがあるし、口当たりもよくないので、これまでは軽く皮を削いでいましたが、熱湯に通すことで消毒にもなるようです。

プロの味になる「塩もみキュウリ」のレシピは以下の工程です。

1. キュウリは塩をまぶし、まな板の上で3~4回ゴロゴロと転がす(=板ずり)。熱湯に入れて10秒~1分茹でる。

2. キュウリの先端部分は切り落とし、薄切りにする。

20170814_foodie_02.jpg

「できれば、イボのない部分は繊維に沿って、イボのある部分は繊維を断つように輪切りにと切り分けるといいでしょう。イボのない部分はえぐみをおさえることができ、イボのある部分は種ばかりになるのを防げます」(小島さん)

3. キュウリに塩をまわす。

20170814_foodie_03.jpg

「キュウリの水分を抜いてしんなりさせ、味が入りやすくするために行います。おすすめは3%の塩水(水500mlに塩大さじ1)に入れて、15分ほどおいてから水気を絞る方法。塩をふって水分が出きたら水気を絞る方法よりも、塩が均一にまわるので簡単です」(小島さん)

4. しっかりと水気を絞る。

(「FOODIE」より引用)

これまで「塩もみキュウリ」はシャキシャキ食感でしたが、このレシピで作るとポリポリッと力強い食感に変わるのだとか。また、青臭さや水っぽさが抜けるので、キュウリの旨味が引き立って香りも良くなるのだそう。

たったひと手間でランクアップする「塩もみキュウリ」。ミョウガやシソと合えれば、立派な1品に。さっそく試してみたくなりました。

FOODIE

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?