1. Home
  2. STYLE
  3. 眠りの質を高める、人間科学に基づいたナイトブラとパジャマ

眠りの質を高める、人間科学に基づいたナイトブラとパジャマ

1,287

知恵子

眠りの質を高める、人間科学に基づいたナイトブラとパジャマ

夜ぐっすり眠れないのは、体の冷えや自律神経の乱れも原因のひとつと言われているけれど、じつは「バスト」も原因のひとつかもしれません。

ナイトブラで睡眠中のバストを休ませる

20代~50代の女性を対象に「ワコール」が行った調査によると、「バストが睡眠中に休んでいない」と感じている日本女性は5人に1人いるとか。たしかに寝返りをうつたびにバストが動いたり、月経により乳腺に痛みがでたり、ブラがズレ上がったりと、気にはなっていました。そのように「乳眠(にゅうみん)」ができていないことも、睡眠の質に関係がありそうです。

では、どうすればバストを休めることができるのでしょうか。被服生理学の第一人者・田村照子先生はこんな提案をしてくれました。

夜、眠るときのバストの動きや位置、また摩擦が気になる方は、バストをゆっくりと休ませてここちよく眠るための選択肢の一つとしてナイトブラを取り入れてみるのもよいでしょう。

(ワコールの調査資料より引用)

併せてアンダーバストのサイズや肩ひもの適合性を確認することもポイントだとか。そこでぜひ試したいのが、ワコールの「ナイトアップブラ」。睡眠中に重力でひっぱられるバストを包みこむように支え、適正な位置に安定させ、不快感をやわらげて、心地よい眠りへといざなってくれます。

201708_wacoal_01.jpg
ナイトアップブラ / 4,500円(税別)※LL・3Lは4,800円(税別)

動きやすく、快適な素材のパジャマ

また、ブラだけでなく、寝ている間に肌に直接触れるパジャマの選び方も気になります。そこで田村先生はこう教えてくれました。

やわらかい素材のパジャマは、副交感神経をより優位にすることも、実証されています。形も、パジャマは眠るときの専用の衣服、つまり"眠り衣"として設計されており、寝返りが打ちやすく、からだをしめつけない工夫がされています。

(ワコールの調査資料より引用)

もちろん垢や汚れを吸収するような素材であることや、季節によって布地を変えることも大切。たとえば、ワコールのブランド「睡眠科学」の「ふわごころ パジャマ」はワコール人間科学研究所の研究をもとに、「動きのここちよさ」「温度のここちよさ」「肌へのここちよさ」の3つの心地よさを形にした接結天竺素材のパジャマになっているから、快適に眠れそう。

201708_wacoal_02.jpg
ふわごころ パジャマ(接結天竺素材)/ 14,000円(税別)

また2017年秋には、ワコール独自の睡眠時のからだの特性研究をもとに作られた、ガーゼ素材の「ネムリナ パジャマ」も誕生予定です。

201708_wacoal_03.jpg
ネムリナ パジャマ(ガーゼ素材)/ 7,000円(税別)

睡眠の質を高めるためには「入眠儀式」を取り入れて、心と体を切り替えるのも効果的だと言われています。これからは、ナイトブラをつけ、寝心地の良いパジャマに着替えるという儀式も加えたいと思います。

ワコール 睡眠科学,入眠と乳眠でおやすみ

image via shutterstock

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら