1. Home
  2. STYLE
  3. 眠りの質を高める、人間科学に基づいたナイトブラとパジャマ

眠りの質を高める、人間科学に基づいたナイトブラとパジャマ

知恵子

眠りの質を高める、人間科学に基づいたナイトブラとパジャマ

夜ぐっすり眠れないのは、体の冷えや自律神経の乱れも原因のひとつと言われているけれど、じつは「バスト」も原因のひとつかもしれません。

ナイトブラで睡眠中のバストを休ませる

20代~50代の女性を対象に「ワコール」が行った調査によると、「バストが睡眠中に休んでいない」と感じている日本女性は5人に1人いるとか。たしかに寝返りをうつたびにバストが動いたり、月経により乳腺に痛みがでたり、ブラがズレ上がったりと、気にはなっていました。そのように「乳眠(にゅうみん)」ができていないことも、睡眠の質に関係がありそうです。

では、どうすればバストを休めることができるのでしょうか。被服生理学の第一人者・田村照子先生はこんな提案をしてくれました。

夜、眠るときのバストの動きや位置、また摩擦が気になる方は、バストをゆっくりと休ませてここちよく眠るための選択肢の一つとしてナイトブラを取り入れてみるのもよいでしょう。

(ワコールの調査資料より引用)

併せてアンダーバストのサイズや肩ひもの適合性を確認することもポイントだとか。そこでぜひ試したいのが、ワコールの「ナイトアップブラ」。睡眠中に重力でひっぱられるバストを包みこむように支え、適正な位置に安定させ、不快感をやわらげて、心地よい眠りへといざなってくれます。

201708_wacoal_01.jpg
ナイトアップブラ / 4,500円(税別)※LL・3Lは4,800円(税別)

動きやすく、快適な素材のパジャマ

また、ブラだけでなく、寝ている間に肌に直接触れるパジャマの選び方も気になります。そこで田村先生はこう教えてくれました。

やわらかい素材のパジャマは、副交感神経をより優位にすることも、実証されています。形も、パジャマは眠るときの専用の衣服、つまり"眠り衣"として設計されており、寝返りが打ちやすく、からだをしめつけない工夫がされています。

(ワコールの調査資料より引用)

もちろん垢や汚れを吸収するような素材であることや、季節によって布地を変えることも大切。たとえば、ワコールのブランド「睡眠科学」の「ふわごころ パジャマ」はワコール人間科学研究所の研究をもとに、「動きのここちよさ」「温度のここちよさ」「肌へのここちよさ」の3つの心地よさを形にした接結天竺素材のパジャマになっているから、快適に眠れそう。

201708_wacoal_02.jpg
ふわごころ パジャマ(接結天竺素材)/ 14,000円(税別)

また2017年秋には、ワコール独自の睡眠時のからだの特性研究をもとに作られた、ガーゼ素材の「ネムリナ パジャマ」も誕生予定です。

201708_wacoal_03.jpg
ネムリナ パジャマ(ガーゼ素材)/ 7,000円(税別)

睡眠の質を高めるためには「入眠儀式」を取り入れて、心と体を切り替えるのも効果的だと言われています。これからは、ナイトブラをつけ、寝心地の良いパジャマに着替えるという儀式も加えたいと思います。

ワコール 睡眠科学,入眠と乳眠でおやすみ

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析