1. Home
  2. EAT
  3. 夏バテから脱出するためのサポーター「温泉卵」活用術【ポジティブ栄養学】

夏バテから脱出するためのサポーター「温泉卵」活用術【ポジティブ栄養学】

ポジティブ栄養学

吉川圭美

夏バテから脱出するためのサポーター「温泉卵」活用術【ポジティブ栄養学】

蒸し暑い日々が続き、暑さとたまった疲れで食欲が落ちてしまっている、なんて人もいるかもしれません。そんなときに手が伸びるのは、ツルッと口当たりのいいそうめんや冷たいアイスクリームではないでしょうか。

夏は、多くの栄養を消費してしまいがち

夏は汗をかくことでミネラルやビタミンなど、多くの栄養素が失われてしまいます。にもかかわらず、こうした食生活を続けていると、必要な栄養素をチャージするのは、残念ながら難しいといえそうです。

しかも、そうめんやアイスクリームといった糖分の多いものは、タンパク質が不足するのに加え、疲労回復に関係するビタミンB群のムダ使いにもつながります。すると、ますます夏バテが加速することに。これが続くと栄養が枯渇し、秋バテにつながることもあるから気になります。

とはいえ、「肉などボリュームのある食事は正直、受け付けられない......」というのも本音かもしれません。そんなときにぴったりなのが「温泉卵」です。

口当たりのいい温泉卵で栄養をプラス

ご存じのとおり、完全栄養食品ともいわれる卵。私たちが生きるために必要な栄養素のうち、ビタミンCと食物繊維以外ほぼ網羅しているというほど優れた食材でもあります。しかも、タンパク質も良質といいことづくめ。ビタミンB群はもちろん、鉄やマグネシウムなどミネラルも含まれています。これを「温泉卵」にすることで、消化吸収もよくなるうえ、ツルンとした喉ごしでさっぱりといただくことができます

取り入れ方も、たとえば、いつものそうめんやうどんなどの麵の量を少なめにし、温泉卵をトッピングしたり、ごはんに載せたり。たれをかけてそのまま食べてもいいですね。できれば1回あたり1個ではなく2つ以上は食べて欲しいところ。作りおきしておけば遅く帰ってきた夜もラクラク。コンビニやスーパーで手に入るのも大きな魅力です。

私も日ごろからタンパク質やビタミン、ミネラルをとるよう意識していますが、30℃越えの暑い場所で過ごしていてもバテることなく、今日まで過ごすことができています。家の冷蔵庫にも卵を作りおきして家族の夕食の一品にしたり、小腹がすいたときの食事にしたり。栄養が満ち足りてくると同時に、気づけば夏バテが気にならなくなってきたように感じます。

これらの栄養素は夏バテだけでなく美肌、美髪、女性ホルモンにも関わっているため、女っぷりも上がるといううれしいオマケが。この夏も栄養の力を借りて、暑さに負けることなく、気分上々でいきたいと思っています。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?