1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. メイク慣れした肌をすっぴん美肌に戻す方法、みつけた

メイク慣れした肌をすっぴん美肌に戻す方法、みつけた

2,186

力武亜矢

メイク慣れした肌をすっぴん美肌に戻す方法、みつけた

できることなら、毎日すっぴんで過ごしたい。でも毎日メイクしている肌は不思議なもので、すっぴんになると「今日はメイクをしていない感」が出てしまいます。そこで、すっぴん暮らしを実践している素肌美容家うすき友美さんに、すっぴん肌で過ごせるようになるためのスキンケア方法を教えていただきました。

人は本来、すっぴんで生きられるように出来ている

うすきさんの肌の感じから、すっかり30代だと思い込んで取材を始めたら、なんと想像より10歳も上でいらして、まずびっくりしました。もちろんこの日もすっぴんでのご登場。ますますアドバイスへの期待が高まります。

はじめにお聞きしたのは、これまで当たり前のようにファンデーションで肌を覆って生活していた私たちが、いきなりすっぴん肌で生活しても大丈夫かという点。

「もちろん大丈夫です。むしろすっぴんで過ごして欲しいくらい! 肌は、生きるために必要な肌組織を自ら作っています。たとえば外敵が肌を攻撃すれば、敵から肌を守り機能を回復させる組織を生み出します。これらの組織を失わないようにさえすれば、すっぴんでいても大丈夫なんです。

悪者扱いされがちの皮脂も、本来は美肌づくりに欠かせないもの。皮脂はそのままでも、防水効果があります。内側からも外側からも水分蒸発を防ぎ、外からの水分も入れない。そんな役割を担っています」(うすきさん)

皮脂自体はけして悪者ではなく、皮脂を落としてしまい、乾燥やPH値を崩してしまうことが肌荒れにつながっているのだそう。

すっぴん肌になるためのスキンケア方法

必要な肌組織を失わないようにするために、うすきさんが実践しているスキンケア方法を教えていただきました。

1. クレンジング剤や洗顔石鹸の使用をやめ、たっぷりのオイルを、外向きの円を描くように指でクルクルしながらメイクを馴染ませます。オイルは指がスルスル滑るくらいの量を使い、肌にシワが寄らない程度の圧で。まだこの時点では、汚れは落ちていません。落ちていないのではないか、という不安からゴシゴシしてしまう方がいますが、あくまで馴染ませて浮かせるという段階を、丁寧におこなってください。いちばん大切なポイントとして、「使用する美容オイルは、洗浄剤が含まれていないものにしてください。クレンジング目的のオイルには洗浄剤が含まれていることが多く、これらの洗浄成分は、石鹸と同じ洗浄力があります」と、うすきさん。

2. ローションか蒸留水でじゅうぶんに濡らしたコットンでやさしく拭き取ります。コットン2枚を鼻の両脇に置き、顔の中心から外側に向けて拭き取り取るとスムーズに汚れを落とせます。きちんとオイルと汚れを馴染ませることがポイントです。

3. 最後に顔全体を手のひらでやさしく包み込むように触れてフィニッシュ。

これだけ? と驚くほどシンプル。いつもより乾燥を感じるなど、肌の変化を感じる時は、状態に合わせて保湿などをプラスします。

「実は、最後の"肌に触れる"というのがとても重要。毎日肌に触れ、その感覚を意識していると、状態が日によって違うことが分かります。今日はオイルの滑りが鈍いから乾燥気味かな? とか、ニキビが出来ているけれどどうしてかな? など、今の肌の健康度や変化を知ることができて初めて、プラスのスキンケアをする必要があるかどうか、判断できるのだと思います」(うすきさん)

うすきさんの話から、保湿クリームやバーム、オイルなどのプラスケアは肌の状態にあわせておこなえば良く、基本的には、クレンジングをしっかりし、あとは皮脂の自然な働きを生かすケアが良いのだとわかりました。

約1か月で皮脂が働く肌に戻る

うすきさんのスキンケアメソッドは誰にでもすぐに始められますが、今日までメイク慣れした肌が翌日から急に素肌美人になるかというと、やはりそれには少し時間を要するそうです。

「これまで過度な洗顔などで皮脂を落としすぎている場合は、じゅうぶんな皮脂量が肌に定着するまで時間がかかります。私の経験や周りからの話では2週間から1か月くらいはかかっていると思います」(うすきさん)

1か月と聞いて一瞬長いと感じましたが、よく考えると10年以上メイクを続けてきた肌を1か月で皮脂がしっかり働いてくれる状態にできるのですから、やはり人の体はすごいなと思いました。

上記スキンケアは、理論的には不純物が少なく酸化していないオイルであれば市販のものでおこなえますが、うすきさんは、このスキンケアのためにご自身で開発された月桃を使ったスキンケアシリーズMOON PEACH」を愛用されています。ブランドサイトでは、さらに詳しいスキンケア手順も紹介されているので、興味がある方はご参考ください。

そして、私のすっぴんライフも今日から始まります!

20170815_moonpeach_140210.jpg

お話を伺った方:うすき友美さん

MOON PEACH開発者、素肌美容家。1999年に月桃に出会い、独自にスキンケア製品研究を開始。2002年にスキンケアブランド「MOON PEACH」を誕生させる。カウンセリングや自然界を観ながら、独自の美容法を提案。現在に至る。

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた